注目キーワード

動物に駅長が務まるの?かわいさだけじゃないハイテク駅長まで

  • 9月 19, 2019
  • 10月 7, 2019
  • 雑記

2007年に和歌山電鉄の貴志駅長になった、三毛猫「たま」のことを覚えていますか。

空前の猫ブームを巻き起こした、日本発(いや、世界初?)の動物駅長です。

たまは残念ながら2015年に他界しましたが、たまがもたらした経済効果は40憶円(!)とも言われています。


その後次々と動物駅長が各地で生まれたことを知っていますか?

この記事では、さまざま駅長たちの紹介と、“動物の人間ぽさ”について考えてみたいと思います。

本記事でわかること

動物駅長って誰でもできる?
日本人は住民票を与えるほど動物に甘い?
人間はとにかく擬人化が好き!

 

動物に駅長が務まるの?かわいさだけじゃないハイテク駅長まで

 

 

【哺乳類系】

うさぎ :埼玉高速鉄道(ラビたま)、山形鉄道(もっちぃ)

さいたま市浦和では幸運の神様としてうさぎを祀っている調(つきのみや)神社があることから、ラビたまは誕生しました。

山形鉄道の廃線を救ったもっちぃは、ふんわりした白うさぎ。

同線の「白兎駅」が採用の由来ですが、居るのは「宮内駅」です。ほかにも二羽のうさぎさんと一緒に皆さんをお出迎え。

ネコ: 会津鉄道(らぶ、ぴーち)、和歌山鉄道(ニタマ、よんたま)

会津鉄道芦ノ牧温泉駅に二代目駅長として働いて?いるのは、顔立ちの整っているねこのらぶ

同じく“施設長”としているのはめちゃくちゃかわいい顔のぴーち。これは…会いたくなります。


また、和歌山鉄道には初代たまの跡を継ぐ、ニタマよんたま

どちらも目つきは鋭いのに、人懐っこくて抱っこが好きだなんて、ツンデレもいいところです。猫好きにはたまらないでしょう!

ヤギ: しなの鉄道(ロール)

北しなの線牟礼駅 で初のヤギ駅長が誕生しています。

かつてヤギの飼育が盛んだったことから満を持しての就任というところか。ひげがご長寿感たっぷりですが御年7歳の雌ヤギさんです。

ロールを見るために入場券(190円)が必要とのこと。考えましたね!

イヌ: JR東日本(わさお)

ブサかわ犬として一躍有名にもなり、映画のモデルともなった秋田犬。

ブサイクじゃないですよね?

いつのまにか駅長になっていたとは知りませんでした。

JB東日本、五能線(青森)の 鰺ケ沢駅(あじがさわ)の駅長として任に就いています。

【水生系】

カメ: JR九州(小太郎)

指宿枕崎線の指宿駅(いぶすき)の名誉駅長である小太郎は、カメはカメでもケヅメリクガメという、大型のカメです。

体長78㎝、体重は40㎏以上という巨大さ。

見たら絶対乗ってみたくなるシルエットです。

勤務は毎日ではなく気ままだそう。カメらしい。

コイ、金魚: 島原鉄道(コイ:さっちゃん)、同じく島原鉄道(金魚:れん、あい)

島原駅の水槽で駅長、助役として泳ぎ回っている3匹。

キャラクター設定の細かさ、グッズ化や応援ソングなど、町おこし的な要素を一手に引き受けた魚はなかなかいないんじゃないでしょうか。

(個人的には沼津のシーラカンスに匹敵すると思います)

伊勢えび: 阿佐海岸鉄道(あさ、てつ) 

阿佐海岸鉄道は開業以来一度も黒字になったことのない赤字鉄道だとか。

そこに伊勢えびが駅長として投入されました。

前任はメダカ、先代は脱皮後に他界というなんとも試練を課された2匹の伊勢えびですが、(周囲の人々の)努力の甲斐あって、徐々に利用人数が増えているようです。

伊勢ぇびブログなるものも発信しており、水生生物としては世界に先駆けた存在なのではないでしょうか(笑)

SNSを駆使する?動物駅長はほかにいません。

 

日本人は住民票を与えるほど動物好き?

特別住民票とは、市町村や特別区が歴史文化、風土、環境、産業、観光、教育及び地域活動等に付随して宣伝や求心力育成のため、当該地方自治体の住民以外の人・動物・創作上の架空のキャラクター等を特別住民とみなして登録し作成される住民票の様式を模して作成される文書。もっぱら観光の宣伝などの地域振興を目的としているもの

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本人は動物や実在しないものはおろか、像などの無機物にさえ住民票を与えてしまうんですね。

これに対して当時、在留外国人たちからは批判があったのですが…

たしかに、ちょっと理解に苦しむところはあります。

かわいいから、好きだから与えるというより、それがもたらす経済効果を狙っているわけですが、現在は対象が多すぎて本来の価値が薄れているようにも感じます。

特別住民票を付与してみたら好調だったとのことを聞き、右へ倣えでどんどん真似ているだけにしか感じないのは私だけでしょうか。

ちなみに、秋田犬のわさおにも授与されていますよ。

鳥獣戯画は擬人化された動物の筆頭

京都右京区にある高山寺に鳥獣戯画はあります。

800年も前、平安時代に描かれた、動物や架空の生物が自由奔放に動き回っている、あの大作です。

僧が描いたといわれていますが、詳細は分かっていないんだそうです。

まるで人間のように二足歩行し、笑い転げるうさぎやカエルは超有名ですよね。時を経てもそのおかしさが伝わってきます。

 

擬人化が好きなのは日本人だけじゃありません。

ビアトリクス・ポターのピーター・ラビットもしかり、ウォルト・ディズニーのミッキーマウスもしかり。

動物は身近な存在だからこそ、愛情を持った表現をしようとすると、人間ぽくなってしまうんだと思います。

全く別次元の余談かもしれませんが、宇宙人のイメージは1897年にH・G・ウェルズが『宇宙戦争』を発表したときに、タコっぽいイラストが添えられていたことから、火星人=タコみたいなやつと定着しました。

その後20世紀に入って、『グレイ』とよばれる頭でっかちで、大きくて真っ黒な目を持つエイリアン像が生まれましたが、あれだって姿かたちのベースは人間です。

人間の想像は、人間ぽい領域を超えることはないのでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

動物駅長は単に動物愛護の役割だけでなく、当たれば何十億との経済効果をもたらします。

これはただの人間にはできないことです。

企業や地域住民の並々ならぬ努力と願いを背負った動物駅長たち。

人間じゃないけど、人間ぽい役職を与えることでもっと身近な存在に感じられます。

あなたも一度、会いに行ってみては?

(しかしどうにも、伊勢えびにはよだれが…)

 

最新情報をチェックしよう!