注目キーワード

【アダルトチルドレン】依存的な恋愛を終わらせたい!執着心を手放そう

楽しいデートのはずなのに、なぜこんなに不安になるの?

もし彼(彼女)がいなくなってしまったらと思うと涙がこぼれる

 

こんな悲しくてさみしくて苦しい恋愛を経験したことがありますか?

もしくは今まさに経験していますか?

そんなあなたにまず伝えたいことがあります。

 

【不安から解放されるための考え方

  • 先のことを考える意味がない。あなたが生きているのは「いま」
  • その人がいなくても世界は終わらないしあなたは生き続ける

 

私が「恋愛とはどうやら楽しいらしい」と知ったのはここ数年です。(遅…もう30半ばだよ)

友人のなかに「この前○○と別れた!」とか「今カレとは性格が合うけど、元カレとはカラダの相性がいいんだよね」とか驚くべきことをいっている人がいました。

そのたびに、

「アレ?恋愛ってそんな簡単なの?」

と、度肝を抜かれたのを覚えています。
既婚者の友人には、
「独身っていいなぁ!私も恋愛を楽しみたいよ~」
などといわれるしまつ。
恋愛って楽しいの?(知らんかった…)
 

アダルトチルドレンの恋愛って難しい…

私は自分をアダルトチルドレンであると認識しています。

アダルトチルドレンとは

子ども時代の家族関係のトラウマによって、(そうと気づかず)本来の自分を殺しながら、
他人からの評価によって自分の価値を見出している人

のことです。

詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

アダルトチルドレン 子供時代に家庭環境の事情により、年相応に成長できなかった大人のことで、こころに摩擦を感じている状態 私が自らをアダルトチルドレンであると認識したのは20代も半ばに入ってからです。 私の場[…]

 

アダルトチルドレンは慢性的な孤独や自己否定を抱えているので、一度心を開くとその相手に依存的になります。

私もガッツリ依存的な恋愛にはまってしまったことがあります。

恋愛依存とは

慢性的な孤独、自己否定感をかかえている人が、心のすき間を恋愛によって埋めようとすること。

「この人こそ私の生きている理由だ!」と考え、相手に対し『強い執着心』を持つこと。

別れて死にたくなるほど悲しいことはだれだってあるし、なんとかして復縁したいと思ことは珍しいことじゃないです。

アダルトチルドレンの考え方はとにかく極端

「この人がいなければこの世の終わり、生きている意味がない」

と思ってしまう。

けど経験してみて、こんな考え方はもう嫌だ、友達みたいに楽しい恋愛がしたい!って思うようになりました。

 

 

アダルトチルドレンの持つ、負のスパイラルはこれだ!

私が当時付き合っていた人と別れたときは、金縛りのように体がしびれて動かなくなり、仕事も休んでしまうほどでした。

失恋で仕事を休むってちょっとふつうじゃないですよね…

寝込みながらもビルから飛び降りるイメージがずっと付きまとっていました。

失恋で自殺を考えるって、いよいよ尋常じゃないです。

すべてはアダルトチルドレンが孤独を抱えやすいことから始まった、負のスパイラルが原因。

 

私の場合こんな感じ↓

慢性的な孤独感⇒

恋人ができる(舞い上がって超ハッピー!!彼こそが生きがい!

この幸せを失ったらと思うと絶望的に(好きになるほど恐怖が増す)

⇒帰りのことを考えるとデート中も不安と悲しみでいっぱい(そばにいないと焦燥感

⇒別れを切り出される(絶望のあまり死のイメージ

⇒泣き落としてよりを戻す(道端ですがりついて泣き崩れる

⇒絶えないケンカ、デートのドタキャン⇒自ら別れを告げる

 

共依存と回避依存のカップルは最凶最悪

私はひとりでさみしくてさみしくて、でも失敗が怖くて、傷つくことが怖くて、一歩も前に踏み出せなくて、最初の失恋から6年もの間こじらせにこじらせてずっと一人でした。

その間、華の20代はあっという間に過ぎ、30代に突入してしまいました。

30を少し過ぎたころ、趣味を通じて出会った人と1年と数カ月交際しました。

ところが、共依存、回避依存といったアダルトチルドレン特有の思考回路のせいで、大変な苦しみを味わいました。

じつは、相手もアダルトチルドレンだった。

(自覚はしていないようでしたが、言動を見れば明らかでした)

【共依存とは

  • 自分がどうしたいかではなく、つねに相手が何を求めているかに照準が合っている状態
  • 自分がどんなに苦しくても相手のために自分を犠牲にすることで、愛されようと必死になる。

 

【回避依存とは

  • 傷つくことを極端に恐れるあまり、心を許した相手にさえ急に音信不通になったり冷たい態度を取ったりする。
  • 一方でひとりになるのが怖く、しばらくすると再び距離を縮めてきたり、次の相手を探そうとする。

でも、よく見てください。

どちらも根本には寂しさが占めていて、「離れるに離れられない」=「依存」の関係に陥っているのがわかります。

アダルトチルドレンは慢性的に孤独を抱えているので、とにかく引き合いやすい

共依存と回避依存のカップルは最凶です。(経験者)

相手のために尽くしまくる共依存のオンナと、突き放したりそばに寄ったりをくり返す回避依存のオトコ。

私は典型的なこのカップルでした…

お互いに失うことを恐れるあまり、幸せを感じれば感じるほど、失った時の恐怖が増す。

デートが楽しければ楽しいほど、帰るころには絶望と悲しみを感じました。

ロングヘアが好きというので、背中まで髪を伸ばしました。(ほんとはショートヘアでいたかった)

100%相手が悪いことでも、ケンカになると「お前が俺を怒らせるんだ」と責められ謝ることもしょっちゅでした。

 

どんな不満があっても尽くして尽くして、でも思い通りにいかなくて、そうなると溜まっていたうっぷんが爆発して、私の方が激昂してしまうことも。

彼の方は最初は情熱的だったのに、そのうち予定はドタキャンするし、楽しいデートの翌日に急に別れようと言われたり、傷つける言葉を言ったあとに急に優しくなったり。

最終的にはこの異常な事態を受け入れられなくなり、苦しみとあつれきに耐えかねて、号泣しながらも別れることを決意しました。

 

いまこう書いていても、やっぱりふつうじゃなかったなぁとわかります。

DV(ドメスティックバイオレンス)ってこういうことなのかも、と理解してます。

いままでDV被害とか聞くと、「そんな男と早く別れればいいのに。なんでいつまでも付き合ってんの?女の方も問題でしょ」などと思っていましたが、今ならわかります。

ああ、離れられないんだな、と。

二人とも孤独なんだな、と。

ギャンブル依存もアルコール依存も、“満たされない何かを満たしてくれる”、だからやめられないし、追いかけ続けてしまうんです。

私の場合、はたしてあれが恋愛だったのか、失恋とカウントできるのか、今もよくわかっていません。

わかっていることは、もう二度とこんな苦しい恋愛はしたくないということでした。

 

執着心を手放そう その人がいなくてもあなたには価値がある

経験者だからいえることは、依存的な恋愛だと自分が気づいたら『その人とは別れたほうがいい』ということです。

そしてこれも経験者だからわかります。

それがものすごく難しいってこと

粘着テープで貼り付けたみたいにくっついて離れないんです。

『心』がくっついて離れない。

これこそ執着心です。

どんなに冷たくされても、「でもこの人、私のこと愛してくれてるんだ」という都合のいい思い込みによって、離れられない。

でも本当はどこかで気づいてるはずなんです。。

「これは愛情ではなくて執着」だってことに。

 

これも経験者だからいえます。

「思い切って別れたあとはさらに苦しみが続く」のは事実です。

どのくらい続くか?

よくいわれるのが『相手と付き合っていた期間(以上)』の歳月が必要と。

 

待って、ここで絶望しないで!

ここまでいわせてください、恋愛依存のセンパイとして。

『激しい苦しみの日々を乗り越えると、からっぽの私から中身のつまった新しい私になれる』ということを。

 

私は今までしなかったこと、海外旅行や外国人の多い言語バーや交流会などに参加するようになりました。

ある言語交流会で知り合った人が今の私のパートナーです。

日本人とはまったく違う価値観を持つ彼は自立した恋愛感を持っていて、いま私は人生で初めて「恋愛ってたのしいものなんだ」と実感できています。

そしてこのために犠牲にした年月は実に10年以上…

みずみずしい若さは過去のもの…

関連記事

ひとりはさびしいなぁ。恋人がほしいなぁ。 世間の幸せそうなカップルを見ると、ひどくみじめな気持ちになる… ふつうの人みたいに恋愛を楽しみたいなぁ…でもきっと無理なんだろうなぁ…   こんな経験ありませんか?[…]

 

続けても別れても苦しい 続けた先は茨道 別れた先に光あり

私は今パートナーのことを書きましたが、のろけ話とか幸せ報告とかそんなことをするつもりは一切ありません。

というかそういう内容は苦手です。(親しい友人でもない限り、他人の幸せ話はべつに必要ないかと)

じゃあなぜ書いたのかというと、依存的な恋愛を終わらせた後の数年間は地獄の苦しみを味わったから

「婚期」ってなに?というレベル)

それでも自分の意志で終わらせ、苦しみもがきながら前に進むことで新しい世界が開けたという証明をしたかったからです。

 

いまあなたのパートナーに対して「いなくなってしまうことに不安を感じている」なら、もう一度よく考えてみてください。

先のことを考える意味がない。あなたが生きているのは「いま」

その人がいなくても世界は終わらないしあなたは生き続ける

あなたが今どんなに苦しいかよくわかっているつもりです。

私は光の先であなたを待つことにします。

 

最新情報をチェックしよう!