注目キーワード

バイク免許 親に反対されてガッカリな10代女子に【有効な時間の使い方】

10代女子 二輪免許取得を反対されても、まだまだできることはある

「ずっとバイクにあこがれてた。でも親に危ないって反対されちゃった」
「女がバイクに乗るのは危ないといわれた」
「原付ならいいって」
「車なら乗ってもいいけど、バイクはだめだって」
若い世代で特に女性がバイクに乗ることを反対する親御さんは多いです。
もちろん親はあなたの身の安全を心配してそう言っているんです。
しかしたいてい反対する人はバイクに関して無知であること、偏見を持っていることが多い。
私の答えはこうです。
バイクより原付の方が危ないことこの上なし!
非力な痩せ女でも倒れた250ccのバイクを起こせる!
事故が危なくてバイクがだめで、車ならOKというのは理屈に合わない。車は事故らないとでも?
まあ、親はあなたを心配しているのは間違いないけど、女だからダメという人はいまだにいるようですね。
きっとこういう親御さんは結婚前の同棲も許さないタイプでしょう(なんて。)
 

私は22歳で四輪(車)の免許を取り、26歳で二輪(バイク)の免許を取得。

車の免許を取ったときは大学生でだったので、親に頼んで教習所のお金を補助してもらいました。

バイクの免許を取ったときはすべて教習料金は自分で支払い、試験は警察の一発試験で(3回目で)取得、バイクも自分で買って親には事後報告のみ。

 

 
まぁ、さすがにこの歳で親の許可が必要なのはおかしいですね。
独り暮らしでしたし。

バイクの免許を反対されたのが未成年だったら、成人までを準備期間としてお金を貯めて乗りたいバイクを決めておく

これはしょうがないと思います。

未成年は法律的にも経済的にも守られているので、親がNOと言ったら従うしかありません。

親に逆らうなとか、親が絶対だとかいうつもりは全然ないんです。

自立した生活ができないうちは親に依存するしかなく、身の安全を守るためには指示に従うしかないわけです。

残念ながら未成年とはそういうものなんです。

ところで、ただ「はいわかりました」と素直に引き下がる人はいないでしょう。

というかそんな簡単にあきらめる人はそもそもバイクに乗りたいなんて思わない。

 
まー、二輪の免許取りたいなんてひとは、
ちょっと変わってるかも。
それもアイデンティティです!
きっとあなたはアルバイトをしていますよね?
バイクは安くないです。
もちろん品質にもよるけど、中古でそこそこの美品だと35万円くらい平気でします。
人気の車種や車体カラーだともっと高い。
私は教習所でお世話になった教官の「顔がきく」お店に連れて行ってもらい、スズキ ST250ーtypeEを中古で安く譲ってもらいました。
それでも諸々税込み35万円はしました。
「ST250E 」の画像検索結果
スズキ ST250ーtypeE 画像引用:バイクブロス
 
人気の車種、カワサキ エストレヤなんかはもっと高いですよ。
中古だって平気で40万円以上はします。
(もちろんそれに見合うだけのデザイン性、魅力があるんですけど)
「エストレヤ」の画像検索結果
カワサキ エストレヤ 画像引用:バイクブロス
 
また、教習料金も16~17万円くらいはします。
せめて20歳まで、親の守りから離れるまでは、一生懸命アルバイトしてお金を貯めましょう。
そしてどんなバイクが欲しいのか、カタログを見たり、資料を請求したり、実際に店舗に行って直接見てみてください。
高い買い物になるはずなので、じっくり時間をかけて「これに乗りたい!!」と思う逸品を決めておくんです。
 

先に四輪(普通自動車)の免許を取っておくというのも手。車なら許してくれる親は多い

バイクがだめで車がOKという理屈はスジが通らないぁと思いながらも、確かにバイクは体がむき出しになっているので、危ないことは危ないです。

一方、車はオープンカーで「うぇーい!」とならないかぎり、基本的には頑丈な車体に覆われているので、バイクほど危なくないっちゃ危なくない。

普通自動車の免許を取っておくと結構いいことがあります。

  1. 親が許可してくれている場合、教習料金を親が払ってくれる。たいてい費用は27~30万円
  2. 車の免許は役に立つことが多く、例えば友達とレンタカーで出かけたり、身内に何かあったとき深夜でも車で駆け付けられる
  3. あとあと二輪の免許を取るときに、教習料金が安くなる(四輪と重複している部分は省かれるため)

未成年は権限もなければお金もない!

権限はどうしようもないので、お金に関しては頼れるだけ頼った方がいいですね。

 

 

スネはかじっておきましょう。

未成年の特権です。

とにかく本当に役に立つことばかりなので、まず先に車の免許を取っておくことも決して悪くないんです。

 

じつはバイク(中型、250cc以上)より原付(50cc以下)の方が超キケンなんだって知ってる?

原付免許は一日で取れちゃいます。

ペーパーテストと適性検査と実技講習を受ければ、ほぼ誰でも合格できちゃう。

よく、原付でTシャツ短パンのお兄さんがたばこくわえながら走ってたり、買い物袋ぶら下げたおばさんが走ってたりしますよね。

アブナくない…?

バイクならプロテクターとかフルフェイス(頭全面を覆う)のヘルメットとか身に着けてますけど…

 

原付は3車線の国道で、トラックがビュンビュン走っていても、キープレフト(左側走行)でトコトコ走っています。

 

超絶アブナイ

 

トラックは車体が大きい分、気流の動きで横を走るバイクなどを引き寄せる力があります。

 
こわ!!
マジですか?
 
マジですよ!
私は250ccのバイクで走っていたけど、
トラックの横を走ると明らかに空気の流れが違う。
車体が重ければ安定した走行ができるけど、
軽い車体の原付ならもっとふらつくでしょうね。
 
また原付は法定速度30km/h以上で走ってはいけないので、60km/hの道路だろうがトコトコ時速30kmでゆっくり走っています。
 
だからアブナイんだって!(;’∀’)
 
スピード違反はだめですが、安全に走行するには「流れに乗る」ことが大事です。
原付はいちじるしくスピードが遅いので、危ないことこの上なし。
同じく車道を走る自転車をよけようと、ふらふら~っと車道に出てくるので、それを避ける必要もあります。
なにかのゲームみたいだけど、人の命がかかってます。
私の経験上、おうおうにして原付ライダーは車道を走る自覚が足りない印象。
自転車の延長くらいにして思っていないと思います。
 
きちんとした技術がないと合格を勝ち取れない二輪と、一日のペーパーテストで合格できちゃう原付。
現実問題としてどちらが安全か親御さんとよく話し合ってみてください。
 

非力だと倒れたバイクを起こせない? いやいや、私は痩せ体形の非力系女子ですが一人で起こせます

私が乗っていたST250は、重量としては平均より若干軽めの146㎏。(ちなみに平均は154㎏)

とはいえ146㎏です。

私は慎重163.5cm、体重46㎏という、典型的非力系女子でしたが、倒れたバイクを一人で起こせましたよ。

バイクというのはスピードが出るほど自立するので安定感が出るんです。

倒れるのはいわゆる「立ちゴケ」と呼ばれるときで、またがってエンジンをかける前とか、駐車した直後とか、停まっているときがほとんどです。

私はへたくそライダーだったので、なんども倒しました。

ほとんど駐車場で。

周りに誰もおらず、(ときどき誰かいて手伝ってくれましたが)、コツさえつかめれば一人で起こせます。

倒した分だけひとりで起こしました。

立ちゴケはめっちゃ恥ずかしいので、穴があったら入りたいけど穴に入る前に起こさねば!という心境です。

こんな私でも起こせるので、普通の人は大丈夫でしょう。

でも簡単じゃないですよ!コツが必要。

あと倒しちゃったときに挟まれないように気をつければOK(何度も倒すと逃げ方もわかるというもの)

 

 
ちなみに大型免許(750cc以上)の取得には、最初に倒れたバイクを起こす試験があります。
私はそれを起こす自信はなかったので受験していませんが…

私がきいた教習所では、大型バイクの引き起こしができたら受講資格があるとみなされるということで、
ダメもとでやってみてもいいかもしれません。
お金がかかるかは聞いてみてくださいね。

まとめ

原付はバイクより安全というのは大いなる誤解です。

バイクの方が技術、意識レベルともに原付より高いです。

未成年はどうしても親に従わざるを得ませんが、20歳を超えてバイトでお金が貯まっていたら、免許の取得だけでも挑戦してみるのはいかがでしょうか。

バイクがあぶなくないとは決して言いません。

だからこそ、防衛意識と安全運転の意識は原付や車よりも高く持っているはずです。

あなたが未成年なら、まずは焦らずに。

時間はたくさんありますから、できることからゆっくり始めましょう。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!