注目キーワード

【初心者向け】うっかり機内モードをOFFにしても高額請求されない方法

原則として海外旅行中は機内モードをONにしておくべきです。

「わかってる!わかってるんだけど、ついうっかり」触ってしまい、機内モードをOFFにしてしまったら…

はからずもそんな経験をすることがあります。

こういう時はどう対処したらいいでしょうか。

まず、慌てずにすぐさま機内モードをONにもどし、あわてず「設定」画面から「データローミング」がOFFになっていることを確認しましょう。

 

関連記事

スマホやタブレット端末に飛行機のアイコンがあるのを見たことありますか? 名前を「機内モード」といいます。 飛行機のなかは原則として通信機器の電源をOFFにしないといけません。 それが機内モードを使うとワンタップで簡単に、すべての通信を[…]

 

機内モードOFFにしちゃった?海外ではモバイルデータ通信に気をつけて!

 
そういえば、機内モードはONにしっぱなしっていってたよね。
OFFにしたらどうなるの?
 
うっかり機内モードをOFFにしてしまうと、
モバイルデータ通信もONになってしまいます。
設定次第ではおそろしいことが…
 
 
海外旅行のスマホ関連で一番気をつけなきゃいけないこと、それは—
データローミングによる巨額の通信費の請求…!!(恐ろしや…)
 
で、でーたろーみんぐ…?

ただしこれはいくつかの条件が重なって起きることなので、ちゃんと準備しておけばかんたんに回避できます。

むずかしい言葉は使わないようにしていますが、これはスマホのアイコン名にもあるのでちゃんと覚えておいた方がいいです。

データローミングのはなし

 

たとえばあなたのスマホがdocomoの回線を使っているとしますよね。

日本国内ならdocomoの電波が飛んでいるので、どこでもネットが使えます。

ところが海外に行くと、当然のことながらdocomoの電波は届かない。

電波が届かないとdocomoと契約しているA社、B社の回線を自動的にキャッチしてつながってしまう

これをデータローミングといいます。

ふだんスマホを使うときは「月額〇円」という定額料金や「〇分無料通話」といった通話料が無料のプランで契約していますよね。

ところが海外の電話会社の回線はそのような契約をしていないため、使ったら使った分だけ全額請求されてしまう

しらずに使用していると、帰国後に数万~数十万の高額請求をされてしまうんです。

 
!!!
(マジか…)
今お話ししているのはWi-Fiではなく、「モバイルデータ通信」のなかの「データローミング」を経由してスマホを使った場合のことです。
そう、「モバイルデータ通信」とはdocomoとかauとかの電話会社を介して通信するやり方でしたよね。
だからこんなことになるんです。
 

機内モードをOFFにしても、高額請求をされないための方法—データローミングをOFFにしておく

こうならないようにするためには「データローミングをOFF」にしておけばOK。
androidなら「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「データローミング」OFF(灰色)
iPhoneなら「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「4Gをオンにする」をOFF→「データローミング」OFF
かんたんでしょ?
そもそも、「機内モードをON」にした時点で「モバイルデータ通信もOFF」になっているはずで、モバイルデータ通信がOFFになっていれば「データローミング」もOFFになっているはず
さきほどのWi-Fiのはなしとちがって、モバイルデータ通信(データローミング含む)は機内モードをONにしたまま使うことは不可能なんです。
(アイコンが暗くなっていてタップできない)
また、万一機内モードをOFFにしてしまった場合で、モバイルデータ通信がONになってしまっても、データローミングがOFFになっていれば特に問題ありません。
 
 
私はこのあたりのことがよく分かっておらず、
誤って機内モードをOFFにしてしまったとき、
恐怖のあまり全身汗びっしょりでした(笑)
 
とくべつ設定を変えなければ、
データローミングはもともとOFFになってるみたいだね

 おまけ:SIMカードを抜いておくと1円たりとも請求されない

これは推奨しているやり方ではなくて、現地のSIMカードを入れるなら必然的にいま入っているやつは抜かなきゃならんということ。

SIMカードとはあなたのスマホに入っている、スマホの「頭脳」にあたる部分です。(バッテリーが「心臓」だとして)

契約者情報や電話番号が入っていて、このカードがあるから通話やインターネットが使用可能に。

そしてこのカードがあるから、海外で高額請求される可能性があるということ。

 

あるとき私は現地のSIMカードを購入するつもりで、日本を出る直前にSIMカードを抜いておいたことがあります。

その時悟りました。

『これ…いまの状態って、モバイルデータ通信の心配しなくていいんじゃない…?』

もちろん、SIMカードはめちゃくちゃ小さいし傷がついたら使い物にならないので、頻繁に出し入れしないほうがいいです。

ただ、なにがなんでも心配という人はカードを抜いてしまえばいっさいの恐怖から解放されるので、知っておいて損はないかも。

たいした得もありませんが。

 

まとめ:データローミングがOFFになっていれば機内モードがOFFでも大丈夫

このあたりのことはややこしく感じがちで、「機内モードOFF=高額請求」という誤解が多いのは事実です。

とくにひとりで海外旅行をしていると、誰かにすぐ相談もできず、もちろん言葉の壁もあり、あせって半泣きになることもあります。

(少なくとも私はしょっちゅうそうなります)

でも、とりあえず最後まで読んでいただけたら、機内モードのことで慌てずにすみますね(^O^)

 

それでは良い旅を!

 

関連記事

スマホやタブレット端末に飛行機のアイコンがあるのを見たことありますか? 名前を「機内モード」といいます。 飛行機のなかは原則として通信機器の電源をOFFにしないといけません。 それが機内モードを使うとワンタップで簡単に、すべての通信を[…]

関連記事

初心者におすすめ 快適でより安全なホステルの探し方 初めてのホステル選びで聞かれる不安の声 「ホステルって安いと聞いたけどどうやって選べばいいかな」 「ほかの人との相部屋って初めて。どんなホステルならプライバシーを守れるかな」[…]

最新情報をチェックしよう!