注目キーワード

仕事を辞めたい「でも代わりがいないから辞められない」は間違い

仕事辞めたいんだけど、代わりがいないから辞められないよ…
と周囲のことを気づかってしまうあまり、なかなか退職できない人がいます。
特に、いい人間関係の職場の場合、自分が抜けることで仕事の負担を仲のいい同僚に押し付けてしまうのを恐れることも。
こんなパターンもあります。
 
退職の意思を伝えたけど、後任がいないから困ると引き留められてしまった…
せっかく気持ちを切り替え、勇気を出して辞職願いを申し出たのに、後任が見つかるまでいてくれとかなんだかんだ理由をつけて引き延ばそうとする。
「代わりがいないから辞められない」
と思い悩んで前に進めないあなたにはこんな対策があります。
  • 引き留められることを想定して退職時期を伝える
  • 「それはちょっと難しいです」ではなく、「それは無理です」とはっきり言う
  • 次の転職先を決めておく
 

退職に際して:代わりの人材はいくらでもいる

新人はもちろん、役員クラスの人だって、その人でなければダメということはありません。

もちろん経営者レベルとなると引継ぎの後任を決めてから辞めるとになるとは思います。

あのZOZOTOWNの前澤さんでさえスパッと社長を辞めましたよね。

あなたが事業主ならそう簡単にはいかないかもしれませんが…たぶんふつうの会社勤めのはずです。

一大企業のトップでさえ“代わり”はいるんです。

 

いくらでもいる“代わり”を見つけられないのは会社側の問題であって、それとあなたを拘束することはなんら関係ないこと。

「代わりが見つかるまで」って、

代わりはいつ見つかるんですか?

 

就業規則に従えばケチのつけようがない

よっぽど身の危険を感じることがない限り、マナーとルールを守って退色するのが望ましいです。

それが『就業規則』です。

民法上は最低2週間以上前に退職届を提出するよう決まりがありますが、雇用形態によって期限や退職日が異なるので、ひとまず就業規則に合わせたほうが無難です。

(もちろん、「法律>就業規則」なので、あまりにヤバかったら法的な権利を重視しましょう)

なので、辞めたいな、転職したいなと感じ始めたら、一度しっかり就業規則を読み込むべき。

最初から最後までじゃなくていいです。

「退職について」の欄にきちんと目を通しておくこと。

『退職するときは1カ月前までに』とあったらそれを守るだけでいいんです。

なんの文句もあるはずなし。

 

引き留められたときどう対応するか想定する

もしあなたが本当に有能で仕事ができる人なら引き留めたくなる気持ちはわかります。

良好な人間関係だったら情があるせいで、引き留められると「あともう少し働こうかな…」なんて考えるかもしれない。

上司との信頼関係ができているなら、もう少し思いなおすことがあってもいいかもしれません。

それそれでいいと思います。自分で納得するまで続ければいいんですから。

 

でもただ頭数が足りなくなるから引き留められるならたまったもんじゃない。

退職の意思を伝えるときは、退職時期を引き延ばされることを想定して伝えるべきです。

引き延ばしの交渉をされた場合に、延ばすか延ばさないかをあらかじめ決めておくこと。

たとえば

「辞められるなら1月に辞めたい。けど引き延ばされることを想定して2月までなら妥協してもいいと決める」

「1月に辞めるつもり。口説かれても何されても絶対に1月で辞める」

と想定しておくといいです。

 

ちなみに引き留められないからといって、そのひとが有能でないかというと決してそんなことはありません。

むしろ個人の意思を尊重してくれる会社なんだと思ったほうがいいです。

 

次の転職先を前もって決めてしまう

すでに自分で退職時期を決め、転職先を決めてしまっているなら何がなんでも辞めるしかありません。

私は退職意志を伝える数カ月前から、毎日のようにとらばーゆをチェックしていました。

もはや日課です。

転職情報は鮮度も大事ですが、一番重要なのはタイミング。

「これだ!」と思ったら即行動です。

転職先さえ先に決めてしまえば確固たる意志で退職時期を伝えられます。

 

ここで気になるのは、「転職先が見つかっていることを言うかどうか?」

結論はどちらでもいいと思いますが、私は次にどこに勤めるか知られたくなかったし言いたくなかったので、

決まっているとは言いませんでした。

ところが完全なウソも苦手なので、

「選考中です」というにとどめておきました。

 
「次は決まってるの?」
に対して、
「決まってません」
と言い切れる人は言い切っていいです。
 

退職の意思を伝えるときはあいまいな態度を取らない

イヤな顔をされるんじゃないか…

怒られるんじゃないか…

困らせるんじゃないか…

 

上司に退職の意思を伝えるときはどうしても気後れします。

私は4回ほど辞職の意思を伝えてきましたが、そのたびにやりきれない緊張感を味わいました。

背中を押されたこともあれば、あっさり辞められたこともあるし、引き留められたこともありました。

 

辞めたいと考えているときは、はっきりと「〇月で退職を考えています」と伝えるべきです。

「じつは、ちょっと辞めたいかなと考えていまして…」

「そろそろ辞めようかなあと…」
なんて言おうものなら、それはただの『相談』です。
簡単に説き伏せられてしまう。
「1月で辞めるって?いま辞められるときっついなぁ!3月くらいまで待ってもらえない?」
などと言われたときに、
「いや~…それはちょっと…難しいかなー…なんて…」
とフニャフニャしていると、相手に簡単に口説き落とされて延長戦です。
日本人特有の、できないことを「難しい」とか「厳しい」とかいうんじゃなく、はっきりと「無理です」「できません」というべき。
それくらいの確固たる想いがなければ、「代わりがいない」だの「迷惑がかかる」だの、理由をつけられて辞められないままです。
 

辞めたいの?辞めたくないの? 「代わりがいない」のはただの言い訳

退職ってエネルギーを使います。

ものすごく使います。

でも今の職場から離れられる、逃げられる、解放されると思ったら、あとは壁をもうひと越えするだけ。

安心してください。
あなたの代わりはいくらでもいます(いい意味でね)
辞める気もないのに「代わりがいないから辞められないの」などとのたまっているひとは、ただ承認欲求が強いだけの人間です。
あなたはそういうタイプじゃないはず。
本当に辞めたいのなら毅然とした態度で面談に臨みましょう。
あなたの人生で何が一番大事かというと、それはあなたの意思です。
 
関連記事

仕事の愚痴くらい誰にでもあります。 理不尽なことで注意されたり、定時で帰れると思ったのに残業することになったり、つい同僚に愚痴をもらすことってありますよね。 私が苦手なのは「もうマジでやだ。もうぜったい辞める」とか「こんな会社辞めてやる[…]

最新情報をチェックしよう!