注目キーワード

シェアハウスに引っ越し【バイク置き場に困ったらバイク専用コンテナ】

「バイク置き場あり」の条件だとなかなかいい物件がないな

風雨にさらされるバイク置き場はイヤだ

引っ越してもバイクを手放すつもりがない

 

バイク置き場のあるシェアハウスもありますが、とくに都内だとスペースを確保することが難しいので、なかなか条件の合う物件はありません。

バイク置き場併設のシェアハウス自体、数が少ないのでシェアハウスが満室だったらアウト。

毎日のようにバイクに乗るわけじゃないけど、ときどきツーリングに行くよ!というあなたにおすすめなのは、バイクの収納もできるレンタル倉庫です。

 

【バイク収納可能なレンタル倉庫をおすすめする理由】

  • 最高レベルのセキュリティを保持したスペース(ディンプルキー、防犯カメラ、頑丈なコンテナ)
  • コンテナ収容なので風雨にさらされることがない
  • バイクカバーのかけ外しの面倒がない
  • コンテナ内にヘルメットやバイク用品置き場がある

 

 
レンタル倉庫はただのバイク置き場じゃなく、
大切なバイクを守るためのスペースでもあるんです
 

え?月極の駐輪場だってあるじゃないかって?

はい、たしかにバイクにも月極の駐輪場(バイク用)はあります。

後半は月極駐輪場について言及します。

 

関連記事

今度初めてシェアハウスに住んでみることにした! 今は一人暮らしだけど、どんな準備をしたらいいかな? 初めてのシェアハウス、ドキドキワクワクしますよね。 シェアハウスは入居手続きや引っ越し方法がとても簡単で便利なのが一番[…]

バイク収納コンテナのメリット・デメリット

『トランクルーム』『コンテナトランク』レンタル収納スペースのスペースプラス がバイク専用のコンテナガレージを手掛けています。

バイク専用のコンテナとは違い、増えてしまった日用品や趣味のもの、季節ごとに入れ替えるもので自宅に置ききれないものを預けられるレンタル物置をお探しの方にもおすすめ。

バイク収容コンテナのメリット

屋根付きで雨風をしっかりしのげる

コンテナタイプのガレージなので暴風雨からでさえ、私たちのバイクを雨風から守ってくれます。

しかもコンテナはさびに強い耐腐食性の金属を使用、経年変化の心配が少なくて済みます。

バイクはいくらカバーをかけても、屋根のない屋外に置いておくと下のすき間から入り込んだ粉塵で汚れたり、傷ついたりすることありますよね。

雨によるさびつきもメタルパーツを傷める原因に。

その点、コンテナなら雨も風も悪さをできないので、傷や汚れからくる劣化を抑えることができます。

高いセキュリティ

シャッターには高性能なディンプルキーを採用、ピッキングされる心配がほとんどありません。

ディンプルキーとは

一般的なカギ穴は開けるための「ピン」が上からの一カ所しかついていないため、簡単にピッキングできてしまう。

いっぽう、ディンプルキーは鍵穴のなかの「ピン」が上下左右斜めまで複雑についているため、ピッキングが非常に困難。

 

さらにコンテナ内にもチェーンロック用のリングが装備されているので、いわば二重ロックにも。

場所によっては防犯カメラが設置されているところもあります。

コンテナ内にバイク小物置き場がある

意外と地味にうれしいのはこのモノ置き場が設置されているということ。

ヘルメットはもちろんグローブやプロテクターなどを置いておけるスペースがあるのはありがたい。

なぜならツーリングに行くにしても通勤で使うにしても、プロテクターを身に着けて荷物とヘルメットをもって移動するのはけっこう大変だから。

バイクカバーのかけ外しをしなくて済む

屋外のむき出しバイク置き場はバイクカバーが必須ですが、このかけ外しが私はきらいでした。

すごく汚いんですよね、バイクカバー。(しみじみ…)

それをひっぺがして、まるめて、じゃまにならないところに置いてから、汚れた手でバイクとか荷物とか触りたくなかった。

カバーをかけるときも、カバーの前後を確認してかぶせて、車体の下に腕を通してカバーベルトを留めて…というのがきらいでした。

(ときどきヘンな虫がついてるしさ…)

コンテナガレージならそもそもカバーがいらないので、この手間がなくなります!

めんどくさがりさんにイイですね(笑)

 

バイク収容コンテナのデメリット

もちろんデメリットはあります。

値段が高い

約1万~2万円かかります。

コンテナガレージのデメリットといえば、「価格」この一言に尽きます。

そもそもシェアハウスに引っ越したい人はお金の節約を目的としていることも多い。

そのため、せっかく節約しても駐輪場台に消えてしまうと本末転倒です。

しかし、こうも考えられます。

シェアハウスで節約できている分、今まで以上にバイクを大切に保管する手段もアリではないかと。

一般的にシェアハウスの価格帯は普通の賃貸よりだいぶ安めです。

なので駐輪場台を上乗せしても、以前の賃料と同等程度か安く済むことさえある。

手放したくないほど大切に思うなら、セキュリティ面がしっかりしたコンテナを利用するのも手段のひとつです。

数がものすごく多いわけではない

スペースプラスは都内に44件、そのほか関東、中部、近畿に広がってコンテナを設置しています。

全体でみるとまだ数が豊富とはいえません。

ただ都内ではけっこう幅広く展開しているので、都内のシェアハウスに引っ越す予定の人は、使いやすい場所を見つけやすいはずです。

 

バイク収容コンテナの賢い使い方

すぐに月極の安い駐輪場を見つけられなかった!
売却しようかしばらく考えたいけど、引っ越し日が迫っている!
こんなときのコンテナガレージです。
いま住んでいる物件を引き払わなくてはいけない、でもつぎに置く場所がまだ見つからないというあなた。
手放したくないけど、どうしようかもう少し検討したいというあなた。
一時保管場所としてコンテナを選ぶのはいかがでしょう。
一時的なら少し費用が高くてもそんなにダメージはないし、結果的に手放すことになってもバイクが傷みにくいので査定額に悪影響はありません。
 
 
バイクを大切にしているならいくらかけても守りたいと思うもの。
同時に、どんなに好きでもあまりお金はかけられないということも。
手放すかどうか迷っている間だけでも、バイクコンテナに預けておくのもいいと思います。

 

バイクの月極の駐輪場のメリット・デメリット

バイクの月極駐輪場のメリット:とにかく安い

場所によっては月3000~6000円ほどで契約できるのが一番の魅力です。

車は一般的に15000円くらいはかかるところをその半額以下で借りられるので、お財布にはとてもやさしいのが月極バイク置き場のいいところ。

たいていコンクリ舗装された車用パーキングの敷地内に併設されていることが多い。

あとは個人で所有している土地に直接問い合わせて契約することもあります。

ちゃんとしているところはチェーンロックがかけられるポールが立っています。

 

バイクの月極駐輪場のデメリット:立地、数、屋根なし、盗難

いっぽう、デメリットはけっこうあります。

すき間スペースをバイク用に確保してある場合はそこまで整えられていないこともあります。

また、そもそもバイク用の駐輪場の数自体が少ないため空いていないことが多い

数が少ないということは、自宅から距離があるということも。

つまりバイクに乗るためにヘルメットやバイク装備をしたまま歩いて(自転車に乗って)行かなければならないということ。

また、コンクリ舗装されていない、砂利敷地になる可能性あること。

最大の欠点は風雨にさらされること。

バイクカバーは必須ですが、カバーしていても雨や粉塵による汚れはかなりつきます。

盗難の心配もあり。

なぜなら自宅前で管理しているわけじゃないので毎日目にする機会がないから

問題があっても気づかないことが多いです。

 

 
月極の駐輪場のいいところは、さしあたり「安い料金」ということです

まとめ

大切なバイクを手元から離れたところでどう管理するか?

これが争点になります。

『バイクの収納もできるレンタル倉庫(コンテナ)』はバイク置き場のないシェアハウスに引っ越す際に、一考に値する選択肢ですよ

 

 

関連記事

シェアハウスって家賃が安いと聞きました。 他にどんな利点がありますか? シェアハウスのことをよく知らない人でも、家賃が安いらしいというのは聞いたことがあるようです。 実際、家賃はシングルで同程度の立地に住むより安く[…]

最新情報をチェックしよう!