注目キーワード

アダルトチルドレンは治せるの?—答え:治すのでなく「抑える」

アダルトチルドレンを治したい。

そもそもアダルトチルドレンって治すことできるの?

 

アダルトチルドレンを治すことができるかについては、「治す」の定義によると思います。

もし病気なら、細菌やウイルスを殺せば治せますよね。

アダルトチルドレンからうつ病を発症したとすれば、うつ病を薬やさまざまな療法で治すことはできるでしょう。

でもアダルトチルドレンそのものは病気じゃないんです。

アダルトチルドレンは治したり、消したり、なかったことにすることはできない

というのが私の考えです。

そして、

自分にからみついて離れない「思考のクセ」を弱めてコントロールすることはできる

これには何年何十年と時間はかかりますが、あなたにも必ずできます。

 

アダルトチルドレンは「治せない」 なぜならあなたという人間の一部だから

アダルトチルドレンの状態を消し去ることはできないと思います。

アダルトチルドレン特有の白黒思考や完ぺき主義、見捨てられることへの不安や自己犠牲といった考え方は、もともとあなたを作り上げている性格の一部分にあたるものだからです。

世の中にはいろんな性格をした人が無尽蔵にいるもの。

楽観的で何ごとも前向きな人、おおざっぱで細かいことは気にしない人、おっとりした優しいのんびり屋さん

そんななかに、

真面目で考えすぎな人、責任感が強くて問題を抱え込んでしまう人、せっかちで焦りやすい人
こんな性格の人だっていますよね。
真面目で責任感が強くてせっかちなひとがアダルトチルドレンかというと、そういうわけじゃない。
誰しも見捨てられることやひとりぼっちになることへの不安はあるもの。
アダルトチルドレンはこうした性格が極端に突出して、全思考を支配されてしまっている状態です。
不真面目になれ、無責任になれ、他人を見捨てろ、といったところで、もともとの性格を変えることはできません。
 
私はヒーロー、ケアテイカーの属性を持ったアダルトチルドレンでしたが、アダルトチルドレンを90%克服できている今も、自分の根本的な「努力家である」「面倒見がいい」という性格が変わったわけではありません。
やりたいことのためなら努力や自己投資は惜しまないし、ふだんからパートナーや友人にはよく世話を焼いています。
しかし以前のように、他人からの評価のためにやりたくないのに努力することはなくなり、愛情が欲しくて必要以上の過保護になることもなくなりました。
アダルトチルドレンを「治す」というより、「突出した極端な思考を抑える」という言い方が正しいのではないかと思います。
 

恋愛依存や共依存は「治せる」んです

依存はアダルトチルドレンの症状のひとつです。

愛情を失うのが怖いため、パートナーへのおそろしいほどの執着心が身も心もボロボロにしていく。

依存を治すのにはものすごい時間がかかります。そして尋常じゃない労力が必要。治療の特効薬もない。

じゃあどうやって治すのか?

ひとことでいえば、いま依存に陥っている相手と距離を置くことです。

ありていにいえば別れるってこと。

物理的な距離を置き、未練を断ち切るように写真や思い出の品をすべて処分する。

それがなかなかできないから苦しいんです。

でも、できるんです。先が見えない暗闇のなかを「走りぬけてやる!」と決断する、その勇気さえあれば。

 

私はかつての恋人とはお互い傷つけあいながら、苦しみながら、恐怖と不安と闘いながら関係を続けていました。

どんなにひどいことを言われても、やさしくされるとまた戻ってしまう。

一分一秒でも離れたくない。でもどこかで離れるべきだとわかっている。

結局、地獄の苦しみを味わいながらも別れることに成功しました。

私は来年留学をするつもりですが、今のパートナーと遠距離になることがわかっていながら、自らその決断をしました。

「もし彼の愛情がなくなってしまうなら、それはもう仕方のないことだ、彼の気持ちを尊重しよう」とさえ考えられるように。

昔の自分では考えられないことです。

 

あなたを支配する考え方のクセを、逆に支配してやる

あなたはいま、「こうでなければならない」「こうすべきだ」「あのひとは敵か、味方か」「こうしなければ見捨てられるかも」といった、考え方のクセに支配されています。

ほかにも見方はたくさんあるのに、なぜかそうとしか考えられない。

アダルトチルドレンは極端で不器用な思考の持ち主。

もし、このような思考に引きずられそうになったら、冷静に自分にストップをかけましょう。

 

たとえば、

「職場のセンパイは同僚Aにはもっと笑顔なのに、私にはあまり笑わない。私は嫌われているのではないか。そういえば先日ミスをしてしまった。役に立たないダメ人間のレッテルを貼られているのではないか」

とこんな思考にからめとられてしまっているとします。

「先輩は私にももっと笑いかけるべきだ」

「先輩は私の敵だ」

「私は役立たずだ」

 

ちょっと待て。

かってに話を作るなヽ(`Д´)ノプンプン

アダルトチルドレンは自分にマイナスになるストーリー作りが大好き。

ちょっと立ち止まって考えてみよう。

よく考えてみたら、何の根拠もないことだったんじゃない?

ただあなたが自己否定をしたくて作り上げたお話にすぎなかったんじゃない?

 

名著『嫌われる勇気』で “哲人” の教えを借りると、こういうことです。

もしそれで相手が本当にあなたを嫌いだとしても、それは相手の問題であってあなたには関係ないこと。

 

アダルトチルドレンの克服とは、この繰り返しです。

負の思考に引きずり込まれそうになったら、客観的なもう一人の自分に冷静にジャッジしてもらう。

考え方が偏りそうになったらいったんひきとめる。

この作業をくり返すのは大変疲れますが、ひたすら訓練を積むといつしか傾きを楽に修正できるようになっていきます。

支配される側とする側が逆転するということですね。

 

まとめ

アダルトチルドレンは治すものではなく、あくまで自分の性格の一部として「あなた」がコントロールできるようにするべきものです。

もっともつらいんじゃないかと思われる依存の問題に関しては、ときにはカウンセラーに手を差し伸べてもいいでしょう。

考え方の極端なクセは、自分にとって不利な思い込みの激しいアダルトチルドレンの特徴。

なので「いますごくネガティブになってる…!!」と認識したら、冷静なもう一人の自分に相談してみましょう。

 

関連記事

私は自分のがアダルトチルドレンであると認識したとき、それがいったいどういうものでどうやって克服するものなのか、ネットで調べまくったり関連書籍を読みあさったりしました。 そこでどの本にも書いてあるのが、 「ありのままの自分でいること」 […]

最新情報をチェックしよう!