注目キーワード

【アダルトチルドレン】ミスして絶望したときの同僚からの衝撃的な言葉

もう…ダメだ…orz

真面目タイプのアダルトチルドレンは、仕事のちょっとしたミスに絶望的なまでに落ち込んでしまうもの。

ミスするごとに心臓にグサグサ針が刺さったような痛みを感じます。失敗しない人間なんていないですもんね…

今回は「ミスに対しての考え方が変わったできごと」をふたつ紹介します。

 

  • 失敗することはあなたが思っているほど深刻ではない
  • ミスしたら謝ればいい。そこには敵も味方もない。

 

失敗を打ち明けたときの同僚Aからのひとこと

あるとき仕事でミスをしました。

じつはミスの内容自体はよく覚えていないんです。医療機関に勤めていましたが、人命にかかわるものじゃなかった。

(つまりそのくらい重大な過ちではなかったとも)

とにかくミスをして、上司、先輩に謝って、ものすごく落ち込んでいました。

私はふだんから悲しいこと、苦しいことがあっても他人に打ち明けたりすることがありませんでした。

このときはたまたま休憩室で一緒になった仲の良い同僚Aに話したんです。

Aは私の落ち込みっぷりにものすごく驚いていました。

そしてこういいました。

「えー、そのくらい私ならすみませんでしたーで終わらせちゃうけど?

 

…なんだって?(;゚Д゚)

 

「それじゃダメなの?」

 

ソレでいいの?(@_@)

 

私はにわかには信じられませんでした。

と同時に気づかされたんです。

「あ、そんなんでいいんだ?」

と。

 

同僚Aは、もともと自分の意見をはっきりいう人でした。

試用期間で入社していたときも、「試用期間中は残業はしません」と人事にきっぱりいうくらいの猛者。

新参者のクセにと一部の人から煙たがられる空気もありましたが、彼女は気にしていなかった。

かくいう私も最初はそんな「甘えたこと」をいう新入社員(転職組)に引いていましたが、次第に彼女の“自分”を持っている考え方を尊敬し始めました。

だから彼女に自分のミスを打ち明けたんだと思います。

その過ちは自分で思っているほど深刻ではない
 

失敗した同僚Bと怒っていた上司のその後

今の職場で同じ部署を任されている相棒の同僚Bの失敗談です。

Bは裏表のない明るい性格で、働くときは働き、手を緩めるときは緩めるキャラクターをしています。業務に対して深刻になりがちな私は彼女の働き方を参考にすることが多いんですよね、そのくらいゆるくていい子。

あるときBは上司以外の私たち同僚に、私用のため定時で上がっていいかと聞いてきました。

私たちは快諾し、彼女は定時で上がったはずだったのですが、時計の狂いで定時少し前に上がってしまっていた。

これに気づいた上司が大激怒です。(定時上がり自体は問題ではない)

私たち周りの人間もOKを出してたので、同僚Bに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだったんですが…

結局、Bは半時間の減給処分(たしか有休を当てて補てんしていました)をくらってしまった。

私はゾッとしました。ふだんから上司部下とも人間関係の良好な職場なので、もし私がこのような状況になったら居ても立っても居られないと思ったんです。

職場からそんな処罰を受けたら、死にたくなるほど落ち込んでもういっさい心を許さなくなると思いました。

 

しかし同僚Bは翌日出勤して、朝イチに謝りにいき、上司に改めて叱られあと私たちにも謝罪。

「すみませんでした。しばらくおとなしくしてます(^_^;)」

多少気落ちはしているはずですが、その後はふだん通りの仕事っぷりでした。

上司とのやり取りもふつうだし、その後数日ですぐに関係が元通りになった印象。

 

上司も同僚Bも、

ぜんぜん引きずってない!(・□・;)

 

アダルトチルドレンの特徴の一つに「敵味方思考」というのがあって、この人は敵か?味方か?でいつもビクビクと悩んでいるわけです。

で、もし私がBだったら、(自分の失敗にもかかわらず)「上司は敵」と判断して、心を閉ざしていたに違いありません。

しかしBと上司を見てわかったんです。

ミスしたら謝ればいい、それで何もかも元通りになる。敵も味方ない。
 

まとめ

  • 失敗することはあなたが思っているほど深刻ではない
  • ミスしたら謝ればいい。そこには敵も味方もない。

同僚A、Bから学んだふたつの答えは私の失敗への考え方を大きく変えました。

わかっている人にとっては当たり前のことかもしれません。

でもアダルトチルドレンはささいなこともすごく深刻に考えてしまいがちです。

アダルトチルドレンではない“健全な”人の素直な思考はきっと私たちの役に立つはずです。

世の中ってこんなにもシンプル。

 

関連記事

出勤のタイムカード切ったらもう仕事モード! 一分一秒に給料が支払われているんだから、ぜったいに手を抜いてはいけない!   なんて。 まちがっちゃいないけど、極端なのがアダルトチルドレンの思考回路。 私語?[…]

最新情報をチェックしよう!