注目キーワード

大切な人と別れて泣いてる人へ「どこかで生きててくれればいい」と思ってみること

いろいろ話し合った結果、彼と別れることになってしまった。

食も細り、毎日悲嘆に暮れています。

こんな私になにか救いはないでしょうか…?

 

その人と憎しみあって別れたのでなければ、救いはあります。

お互い健全で良好な関係を築けていたなら、心と距離があなたと離れてしまっても、あなたには彼を大切に「思う」気持ちがあるはず。

「想う」ではありません。「思う」です。

彼のこれからの人生を尊重する、彼の健康と幸せを願う気持ちはありませんか?

彼がただ健やかに生きていてくれることを喜ぶ

この気持ちがあなたを救います。

 

別れた直後は悲しすぎて一日中涙が止まらない

私は性格や生き方が災いして他人様より恋愛経験はかーなーり少ないです。

1人目は6年も付き合ったのに音信不通でフェードアウトされ、2人目は恋愛依存におちいり過酷な精神状態で別れ、3人目はものすごく良好な関係でしたが年齢差と国籍の問題から別れを告げられました(相手の方が年下&外国人)。

 

2人目のときにあまりに苦しい恋愛だったので、自己分析や心理学の本を読み漁り、自分を変える努力を数年かけて行いました。

【アダルトチルドレンの恋愛感】自信が持てない孤独の日々を変えるには

 

3人目の相手は外国人特有?の超マイペースだけど頭脳明晰、なのに私のことを尊敬してくれて、依存し合わない良好な関係を築けていました。

詳細は省きますが二人でいろいろと相談した結果、ある日彼に別れを告げられることに。

それまで半同棲状態でしたが、その日を境に彼を自宅へ帰し、荷物も引き取りに来てもらい、お互いに「幸せになってください」というメッセージを残し合いました。

土曜の夜に別れて、日曜は一日中泣きました。

私たちの関係を知っている数人の知人にこの関係が終わったことをすぐに連絡。

悲しみに大きすぎて吐き出さずにはいられなかったから。

仕事を休むこともなく、友人の支えもあって少しずつ回復してきたものの、深い喪失感はなかなかなくなりません。

 

「なんてむなしいんだろう…」

 

そんな日々を送っていた時に、あの事故は起こりました。

 

事故や事件、災害で亡くなっていく人たち

2019年4月に池袋で起こった車の暴走事故です。

10人の負傷者を出したほか、尊い二人の命が犠牲になりました。

 

5月には川崎市登戸で残忍な通り魔事件がありました。

大切な二人の命が奪われ、18人もの負傷者を出す大惨事となりました。

 

6月には大阪で震度6弱の地震がありました。

ブロック塀の下敷きになった幼い女の子の命が奪われてしまった。

 

被害に遭った人たちのご家族のことを考えると胸が締め付けられる思いでした。

大切な人を突然奪われた衝撃、悲しみは、私には想像もできないくらいの悲劇です。

亡くなられた方々には心からのご冥福をお祈りします。

 

私は「彼と別れた」くらいでめそめそしているわけにはいかなくなりました。

どの被害者たちの名前にも、彼の名前はなかったという事実。

私はあることに気づかされたんです。

それは「大切な人が生きていてくれる」。ただそれだけで幸せなことなのだと。

 

「彼が健やかに生きている」という安心があなたを次のステップに導く

別れたことは悲しい。

でも、地球のどこかで生きていてくれるなら、それでいい。

そう思えるようになってから吹っ切れた私は、出会い系アプリなんかも使って何人かの人たちと連絡を始めたりできるようになりました。

その人たちとはとちゅうで切れてしまったり、続かなかったりしたんですが、とにかくさまよっている自分の心にいったんの決着をつけることができたんです。

結局、なんだかんだこれまた詳細は省きますが、しばらくの冷却期間を経て別れた彼と復縁することになりました。

復縁はあくまで結果です。復縁のための努力は別段何もしていません。

ただわかっていることは、「お互い生きていて縁があればまた出会う」のだということ。

もし今後また別れることがあっても、同じように相手の健康と幸せを願えれば、(復縁するかは別として)まわりまわって自分も幸せになれるんだということです。

 

最新情報をチェックしよう!