注目キーワード

ロシア人は「告白」しない?ポイントは次のデートの約束があるかどうか

「外国人は告白しない」というハナシがあるのを聞いたことありますか?

外国人と一口にいっても地域や国によって違うだろうし、同じ国のなかでも個人差はあるだろうと思います。

ただし少なくとも「日本人は告白する習慣がある」と言いきってもいいはずです。

 

私には付き合って2年(うち同棲して1年)になるロシア人の相方がいますが、彼から「告白」されたことはありませんでした。

 

本記事では、

  • 気になるロシア人がいるけどどうアプローチしていいかわからない
  • デートの約束をしているけど、付き合ってるのかよくわからない

 

という人のために、ロシア人とお付き合いをする一例を紹介します。

ちょっと恥ずかしいですがなれそめも載せます。参考になれば幸いです。

 

ポイントは、

次のデートの約束があるかどうか。

 

※「告白」とは、いわゆる「好きです、付き合ってください」というアレです。

 

デートに関してお金の払い方が気になる方はこちらもどうぞ。

関連記事

現在ロシア人と付き合って2年のやなせです。 いまでこそお互いの価値観やお金の使い方などわかってきましたが、初デートの時はどう接していいか見当もつかず、『ロシア人 初デート』とか入れて調べまくってました。 国際恋愛だとか価値観が違うとかい[…]

 

出会いのきっかけはロシア語交流会

かつて依存的な恋愛でボロボロになっていた私は、人間関係をイチからやり直したくてオンラインで友達を作ったりリアルでMeetUp(ミートアップ)などに参加したりしていました。

※ミートアップとは健全な交流会イベントです。

あるときロシア語交流会のミートアップがありまして、ロシアが好きでロシア語も勉強していたので「ここなら話題に困らないかも…」と参加ボタンをポチッとしました。

ただしめちゃくちゃ緊張しました。仕事終わりに六本木まで行ったんですが、六本木に行くまでの記憶がありません(笑)

緊張しすぎて頭が真っ白になってました。

 

実際参加したものの、話しやすかったロシア人の女の子がほかのグループに行ってしまってからは、なんだか会話の輪にも入れず気まずくなり、もう帰ろうかなと思っていたとき。

「むこうで友達と話しませんか?」と日本人の男の子が声をかけてくれ、のろのろとついて行った先にいたのが今の相方。

このときこのロシア人はずーっとロシア語をしゃべっていて、大学時代ロシア語を専攻していたという日本人の彼が私に通訳してくれたという謎の三角関係でした。

で、しばらく談笑して(といっても通訳をはさんで)そろそろ帰ろうとしたとき、身支度をしていたらスマホを持って立っていたのがロシア人のC君だったんです。

 

 
え、LINE交換? 私ロシア語(勉強してるけど)しゃべれませんけど?(いいの?)
コクコクとうなずくC君。
 
帰宅後に彼からLINEがきたんですが、なんと日本語(!)
ちょっと変な漢字変換の日本語でしたけど、「話せるんかーい!」と一人でツッコミ入れてましたね。
まずLINEでご飯を食べに行く約束をしました。
 

一週間後、ふたりでご飯を食べに行く

そもそも、言語交流会は出会い系のパーティーではないんです。

これが婚活とか恋活とかのイベントだったらこれもデートといえたのかもしれない。

でも私は彼とけっこうな年齢差があり(私が年上)、相手は学生だし、日本での生活とかロシアのこととかいろいろ話したくて、「どれどれ困っているなら相談に乗るよ」的な感じでご飯を食べに行きました。

もちろん会う前は緊張しましたよ。でもデートのつもりじゃなかった。

こちとらバカな恋愛もしてきたし、ちょっとやそっとでのぼせ上がる歳でもないし…

 

ところが食事後に散歩していたら、なんと唐突に手をつないできたんです。それも指と指を交互にからませる「恋人つなぎ」というやつ。

 

なになに?何が起こってるの??(*_*;

 

話題は彼の生活上の悩みとか友達の話とか、特にロマンチックなものではない。

全編英語での会話だったので、4割くらいしか聞き取れませんでしたが。

でもデートでもないのにいきなり手をつながれたからって、それが恋愛かどうかなんてまったくわかりませんでした。そんな経験ないから。

のちにわかったことですが、彼にとってはこれがデートだったらしい。

帰りの電車は同じホームで、お互い逆の方向。

彼は自分の電車が来ても乗らず、私の電車が来るまで待っていてくれました。

そして別れ際にパチッとウィンク(^_-)-☆

 

ワオ!(/ω\)

 

そんなんするの!?

さすがに顔がボンっと熱くなりましたね、年甲斐もなくね。

で、電車のなかで「つぎはいつ会う?」というLINEが。

 

初デートでキスを断るが、また次のデートの約束をする

このあたりから、なんか友達にしてはおかしいなと思い始めました。

こと恋愛に関しては臆病な面があり、かなり慎重に冷静に考えるようにしていたんですが、それにしても展開が早すぎる。

私だって彼のことを嫌いではないけど、まだ好きになるほどの段階を踏んでいない。

初めてのデート、ムードの良い(?)夜の公園でキスを求められる流れになりましたが、

「いやさすがにちょっとまって、まだ早いから!(怒)」

と断りました。

相手は残念そうにしていましたが、『しょうがないか』みたいなかんじですぐに元気に。

しかし私のなかにもある不純な考えがよぎります。

 

 
(外国人とのキッスなんて、そうそうできるもんじゃねえ)
もらえるものはもらってもいいかもしれない…一度きりの人生だし。
などと考え、次のデートのチャンスがあれば、してもいいかもなと思いました。

 

けっきょく、デートが終わるたびに「次はいつ会う?」「どこに行く?」「何しようか?」という、

次のデートの約束が延々と続き、今に至るというわけです。

 

もちろん愛情表現は日本人とは比べられないくらいで、「察しの文化」の日本人よりはダイレクトに気持ちを伝えてきます

なので「愛されているかどうかわからない」と悩んだことはないくらい、非常にわかりやすい。

(以前はそれでずいぶん苦しみました)

 

自分たちの関係がわからなければ、直に聞けばいい

以上のように私の場合、告白もなく、突然の手つなぎデートからキスまでがめちゃくちゃ早い展開だったので、これがロシア人の一般なのかどうかはわかりません。

知人のロシア人女性にこのことを相談すると、

「展開としては早めだけど、愛情があるなら不思議なことじゃない」

そうです。

また彼女いわく、

「私が知る限りでも、あんまり告白ってしないわねぇ」

とのこと。

 

ただし日本人的感覚からすると、「告白」=「正式なお付き合い」なので、ふつうはこうなりますよね。

告白され、OKしたから自分たちは今日から正式に恋人同士。

友達にも「彼氏できた~♪」なんて報告ができる。

 

でも告白がないと、

私たちは恋人っぽいことしてるけど、いつから恋人になったんだか、そもそもほんとに恋人なのかよくわからない。

友達にも「彼氏っぽいのができたかもしれない?」と疑問形で報告するしかない。

 

 
すっごいモヤモヤする…
 
勘違いで、一人で浮かれているだけかもしれないしさ。
そんなわけで、こういう時はズバッと聞けばいいのです。
 
 
「あのさ、私ってあなたのガールフレンドなの?」
 
ちなみに聞いたら、相方はかなり驚いてこういいました。
 
C君
「えっ?もちろんそうだよ?」
 
…。
ま、いっか。よかった、勘違いじゃなくって。(´ε`)
 

デーティング期間というのがあるらしい

海外、特に欧米では告白の習慣がない(少ない)代わりに、デーティングといってお互いの相性をみる期間があるらしいですね。

私もロシア人の彼とデートを始めた直後は調べまくりました。

デーティング期間はキス以上の関係まで持って(!)から、相性が悪いからやっぱりやめるっていうのもアリらしい。

デーティングに関してはこちらのサイト「Culture Talk」さんが参考になるアンケートをとっています。

すごい共感できるので、これから外国人とお付き合いが始まりそうな方は見ておいて損はありません。

 
私の場合振り返ってみても、いつまでがデーティング期間だったのかさっぱりわかりません
そもそも「これがデーティングなのだな」なんて考えながら過ごしたことはないので、もしキスより先の関係に進むのであれば、その時点で相手の気持ちをはっきりさせておいたほうがいいと思います。
また先ほど紹介したサイトのアンケートにもありましたが、相手との関係がわからなければ、「日本では告白するという習慣がある。あなたはどうなの?」と聞いておくのもいいです。
ちなみに私は同じことを彼に言いましたが、『へ~ナニソレ。ふーん』くらいで軽くあしらわれました(- “-)

(アニメ好きならぜったいそういうシーン見てるはずですけど)

 

まとめ:次のデートの約束が繰り返されるといつの間にか付き合っている

調べると、ロシア人でもちゃんと告白してくる人もいるらしい。

なので一概に「外国人/ロシア人は告白しない」とは言いきれません。でも日本に比べれば圧倒的に告白する人は少ないのが事実。

デーティング期間もいつの間にか始まっていつの間にか終わっています。

いまがデーティングかどうかは忘れて、純粋にデートを楽しんでみましょう。

次のデートの約束が続けば、まちがいなく彼はあなたに好意を持っていると言えます。

 

よく読まれている記事はこちら▼

⇒関連記事:ロシア人彼氏あるあるを今から言うよ~「ラーメン静かに食いがち」

 

外国人と接する仕事でおすすめ▼

⇒関連記事:日本語教育能力検定試験に初挑戦 アルクの通信講座に自己投資

 

 

最新情報をチェックしよう!