注目キーワード

「ロシア人は時間にルーズ」はかなり本当 デートの待ち合わせ対処法

私はロシア人とお付き合いして2年になりますが、どうにもこうにも待ち合わせの時間にスムーズに合流できたためしがない。

個人個人で性格も違うので一概に「日本人は~」とか「ロシア人は~」とはいいきれませんが、こと時間の感覚についてはロシア人はけっこうルーズです。

日ロ首脳会談でもプーチン大統領は2時間半の遅刻をしてるし、プーチンさんは世界各国の首脳会談でも有名な遅刻魔。

 

 
2014年にドイツのメルケル首相との会談で4時間遅刻したときはキャンセルを食らってます
人気があろうとなかろうと、そんな人がトップにいて遅刻癖を誰も非難しないのなら、やっぱりロシア人は時間にルーズなんだろうと思います。
ロシア人とお付き合いするときは、時間に関して寛容になりましょう。
 
関連記事

「外国人は告白しない」というハナシがあるのを聞いたことありますか? 外国人と一口にいっても地域や国によって違うだろうし、同じ国のなかでも個人差はあるだろうと思います。 ただし少なくとも「日本人は告白する習慣がある」と言いきってもいいはず[…]

 

ロシア人は時間の概念がゆるっゆる

私の相方はデートの待ち合わせで「14時に駅でね」と伝えても、14時前はもちろん時間ちょうどに来たことはほとんどありません。

5分過ぎても来ない、10分過ぎても来ない。

連絡も特にない。

15分くらいは平気で遅れてきます。

電車が遅れたのかなと思いたいところですが、自宅から徒歩圏内の場所での待ち合わせでも平均15分は遅刻します。

 

「なぜなの?(怒)」

と問いただすと、

『時計を見てなかった』

『別のことに気を取られていた』

のほか、一番多いのは、

『特に理由はない』

 

そうですか…。

 

ほかにも、以前通っていたロシア語教室の先生はしょっちゅう遅刻していました。

よく車が渋滞に巻き込まれるらしいんですが、

「ならもっと早く家を出ようよ」

というのが日本人的感覚です。

 

ロシア人の「あと3分」は「10分後」ということもある

日本人はガチガチに時間に縛られているのは世界的にも有名なんですが、ロシア人は時間のことをあまり気にしない人が多いのは事実。

個人が気にしないから交通機関の遅れが当たり前なのか、交通機関の遅れが当たり前だから個人的にも気にならないのか、真偽のほどは不明です。

が、基本的に「なんとしても間に合わせよう!」という意識はあまりないみたい。

 

私の相方は出かけるときも、私が「○○分発の電車で行くよ!」と声をかけても、

 
C君
『はい』

と返事だけはするけど、急ぐ気配は皆無。

(本人的には急いでいるらしいが)

「まだ!?」

と急かすと、

 
C君
『あと3分~!』
と返ってくるんですが、じっさい家を出られるようになるまでは10分くらいかかります。
 
何を根拠にした3分なのだ?
 

こういうのを目の当たりにすると、彼がなぜいつも遅れるのかわかります。

 

時間にルーズなロシア人との待ち合わせ対処法

ロシア人との待ち合わせ時間に関する対処法を紹介します。

 

待ち合わせ対処法①10分前の集合時間を伝える

10分というのは目安です。私の相方が15分遅れの常習犯なので、この時間設定にしてあります。

私自身の性格として、人を待たせることがあまり好きじゃないので、単純に5分はこちらが待ってもいいかなという計算です。

この設定にしたおかげで、わけもわからずバカみたいに待たされることは減りました。

(がそれでもなお遅れることが多いですけど)

ロシア人のお相手とデートすることがあって、だんだんその人の遅刻時間がわかってきたら、それを逆算した待ち合わせ時間を伝えるといいですね。

 

待ち合わせ対処法②待つ前提でヒマつぶしする

もう「待つことを前提とする」と、ストレスが軽減します。

私の場合、激ハラヘリでランチの約束をしていてもかなり待たされることが多いので、待つこと前提でなにかつまんでおこうと考える。

「待ってるあいだ何しようかな」とポジティブに考えられるのが一番いい。

 

待ち合わせ対処法③ただひたすら寛容に待つ

ホトケの心で待つ。これも大事。

私は根がせっかちなため、余計にイライラしてしまうところがあるので、これは治したい悪癖のひとつ。

「待たせちゃいけない」という焦りから、だいぶ早い時間から待っているのも良くないですね。

自他ともに厳しすぎる私にとって、彼のようなマイペースな人は逆に尊敬の対象になります。

…というくらいポジティブになりましょう。

 

時間にゆるいロシア人の良いところ:こちらが遅れても怒らない

これぞロシアの国民性なのか、ありがたいことに私が遅刻してしまってもぜんぜん怒らない。

「遅れてごめん!!」

と謝っても、

 
C君
『ぜんぜん気にしてない』
とのこと。
 
時間に厳しすぎる私は、彼から学ぶことは本当に多いです。
彼は、
 
C君
『電車に乗り遅れたら次のに乗ればいいし、ランチ時間が終わってたら、やってるところに行けばいい』
というスタンス。
そういう考えもアリだなと思わせてくれるのも、時間にゆるいロシア人と付き合う面白さかもしれません。
 

まとめ:ロシア人と日本人は時間の概念が違うことを念頭に置こう

ロシア人のなかにも日本で働くビジネスマンだったら時間厳守ができる人もいるだろうし、日本人のなかにも時間にルーズな人はいると思います。

しかしおおむねのロシア人は時間を守らないことが多く、日本人は時間に厳しい人が多いのは確か。

国民性の違いを分かったうえで、(わかっていてもイライラすることありますが)そういうのも含めて学べることは多いと思います。

 

「他人を変えることはできない」

ので、お相手と肩を並べて歩きたいなら、あなたの方が変わる努力をしてみましょう。

 

関連記事

私の相方はロシア人で、来日してかれこれ3年になります。 彼は日本のアニメや自然が大好きで、意気揚々と日本の大学に留学生として入ってきたのですが… 日本人特有の「言葉ではっきり言わない文化」になじめず、日本人の友達と疎遠になってしまったこ[…]

 

最新情報をチェックしよう!