注目キーワード

美しいコストルナヤ選手ってどんな人?幼少期からプライベートまで

2019年大会で彗星のごとく現れたニューヒロインたち、アリョーナ・コストルナヤ選手、アンナ・シェルバコワ選手、アレクサンドラ・トゥルソワ選手は「ロシアの三人娘」なんて呼ばれています。

同じチームに所属している同期でありライバル。

まるでスポーツマンガのように抜きつ抜かれつ、お互い三つ巴になって上位表彰台を占めています。

今回は一番年上(といっても半年ほどですが)のアリョーナ・コストルナヤ選手をピックアップしました。

コストルナヤ選手は学問にも優れ、文武両道をゆく才女であることを紹介していきますね。

 

ちなみにアンナ・シェルバコワ選手を掘り下げた記事はこちら。

関連記事

2019年の今年は女子フィギュアスケート界でものすごく革新的なことが起こっています。 グランプリファイナルで1~3位を総ナメしたのはすべてロシア人選手たちでした。通称『ロシアの三人娘』と呼ばれるようになった彼女たち。 1位はアリョーナ・[…]

 

アリョーナ・コストルナヤ選手の出身や趣味、スケーターになるきっかけは

「ロシア選手権 2019」の画像
YouTubeより引用

キリッとした目鼻立ちが美しいコストルナヤ選手ですが、現在まだ16歳。

2003年8月24日生まれなので、2004年3月生まれのアンナ・シェルバコワ選手とはちょうど7カ月違い、2004年6月生まれのアレクサンドラ・トゥルソワ選手とは10カ月違いのお姉さんとなります。

メイクをしても少女のようなシェルバコワ選手やトゥルソワ選手に比べて、コストルナヤ選手は化粧映えのする顔立ちで、映像を見る限りではとても16歳には見えない。

もっと上の成熟した女性に見えます。

その一方で公式記録によると身長は151cm(たぶん今はもっと伸びてますね)、ロシアの平均身長が162~164cmなのであと10cm近くは伸びていくはず。

 

乗馬
公式Instagramより

趣味は乗馬です。中でも得意なのは障害馬術とよばれる競技。

アリーナと呼ばれる競技場内に設置された13~15個の障害物を、決められた順番通りに飛び越し、より早くゴールすることを競います。
より早くゴールするためのコース取りや飛び越すタイミングを選手が素早く的確に判断し、その判断に馬が瞬時に反応できるかどうかがポイントです。 オリンピックなどの世界最高レベルの競技会の障害物では、高さ160cm、幅(奥行)2mを超えるものもあります。

引用:AtoZinba 馬術のAからZがまるわかり

コストルナヤ選手がほかのシェルバコワ選手やトゥルソワ選手よりたくましく見えるのは、フィギュアスケート以外でも体幹を鍛える競技をしているからかもしれません。

でもあまり乗馬に掛ける時間がないと嘆いてもいるみたい。

 

じつは家族はアスリート一家で、お父さんは陸上競技に携わっていました。そしてお母さんもフィギュアスケーターだったようですが、転居に伴って辞めざるをえなかった。

そこで子供たちにリンクへの夢を託したというわけです。

(結果オーライですが、よくスポーツ選手は自分の子どもにも同じことさせたがりますよね…)

コストルナヤ選手は4歳のときにスケートリンクに連れていかれ、お母さんから「どうやったらけがをしないで転倒するか」の転び方を教わりました。

お母さん、もうやる気満々。

ちなみに弟くんもスケートを始めたがすぐに辞めてしまい、サッカーを始めてしまったそうです。

なのでコストルナヤ選手も嫌なら辞めていたはずですね、きっと。

お母さんの目論見は大成功。

 

コストルナヤ選手は「飛んでいる感じが好き」なんですって。

この言葉は乗馬にもフィギュアスケートにもつながるんじゃないかと思います。

コストルナヤ選手のフィギュアスケート

コストルナヤ選手
公式VKより こういうさりげない表情がいい

コストルナヤ選手の成績の良さはほんとにここ1年で現れ始めました。

 

というのも、2016ロシア選手権ジュニア16位と惨敗、コストルナヤ選手自身も「理由はトレーニングに100%の力を注いでいなかったから」と認めています。

この負けざまがものすごくショックだったようで、ここから一念発起、徐々に逆転劇を繰り広げていくんですね。

 

2017-2018にかけて頭角を現し始め、2018年初のロシア選手権シニア大会で3位(1位はザギトワ)に食い込むと、同年のロシア杯では1位に輝きました。

2018-2019はパフォーマンスの審査基準が厳しくなり、それは「汚くて雑な演技はマイナスになり、難しくないトリプルアクセルは加点も減点もされない」というもの。

そんななかでも2018年はコストルナヤ選手の飛躍の年で、その後ジュニアのグランプリシリーズでは1位を総ナメしています。

 

2019-2020ではGPシリーズをはじめとする4つの国際大会で1位、最新のロシアフィギュアスケート選手権では2位になっています。

 

コストルナヤ選手は知性あふれる才女

コストルナヤ選手
公式インスタグラムより

コストルナヤ選手はスケート、乗馬だけでなく学問にも意欲的に時間を割いています。

現在学んでいる言語は英語、フランス語、ドイツ語で、英語は通訳なしでも会話ができるレベル。

また、ドイツ語は学校で習っている時間がないため、個人的に学んでいるそうです。

 

好きな科目は科学と生物学というからおどろき…。

ふつうなら脳のキャパを超えてますよ。どれだけ容量あるの?

将来の夢はなんと神経外科医とのことで、医学の道を志す決意は固いようです。

プロのフィギュアスケーターにはならないでってことですよねきっと。

 

公式Instagramはあまり更新していないようですがプライベートの写真もけっこう見られますよ。

ロシア版Facebookにあたる公式VKではスケーターとしてのコストルナヤ選手がたくさん拝めます。美。

 

コストルナヤ選手に迫る17歳の壁

シェルバコワ選手の記事でも書きましたが、女子選手には17歳の壁というものがあって、体の柔軟性や脂肪の付き方が17歳頃を境に大きく変わっていく傾向にあります。

コストルナヤ選手は現在16歳。

体のバランスや体重の変化のせいで、いままでできていたことができなくなっていく可能性もある。

どのスポーツの女子選手にもいえることですが、どうか乗り越えてほしいと思います。

 

最新情報をチェックしよう!