注目キーワード

ロシア人彼氏の愛情表現が重い場合「ここは日本だからやめて」と言うべき

欧米系の外国人は日本人よりも感情をストレートに出すので、たっぷりの愛情表現をしてくれることが多いと思います。

例にもれず私のロシア人彼もスキンシップはもちろんのこと、いつも言葉でほめてくれるので本当に感謝しています。

 

ところが!

 

その愛情表現はときに独善的になりがち。

別れ際の「行ってきます」「またあとでね」のあいさつ程度のキス&ハグにはだいぶ慣れましたが、それだって最初のころは顔から火が出るほど恥ずかしかった。

でも海外の人にはふつうなのかもと思い(ドラマなんかで見る限りはね)、習慣化することでようやく抵抗がなくなりました。

問題は、彼が人前だろうとどこだろうと迫ってくること。

これ、ノロケじゃないです。国際恋愛あるある。

ロシア人彼氏あるあるを今から言うよ~「ラーメン静かに食いがち」

 

 
これ、ほんっとにイヤなんだよな…
  • 重すぎる愛情表現が嫌ならはっきりと言おう!「日本じゃ人前でそういうことしないの」
  • 『好きならいいじゃないか!』と言ってくる相手は丁重にお断り
  • ふたりで彼の国、もしくは海外に行ったらさほど抵抗はなくなる
 
 
ノーマルで人前でいちゃつけるのは学生か熟年不倫カップルだけだろうよ!

「ここは日本だからマジでやめて(怒)」

電車でよく見かけるんですが、外国人カップルの男の方が片手はつり革、もう片手で女の方のヒップをさわさわしている光景。

不思議と外国人同士だとそんなに気にならないんですよね…。

電車の中でチュッチュしてても、「Oh♥」と思ってつい見ちゃうけど、そんなに嫌な気持ちにならない。

でもこれが日本人同士だと、「ぐへぇ(×_×)」となる…。

仕方ないですよ、だってそういう文化なんだもん。

 

私だって学生のころ、恋に恋して盛り上がっていた初めての恋人とはもう、人前関係なくずーっとべたべたしてましたよ!

もうはるか昔のことだけど! そして今思い出すとイタすぎるのめり込みよう。

 

それはともかく、日本国内で日本人がたくさんいるなか、公衆の面前でキスとかしたくないんです。

「ほかの人にどう思われるか気になるから嫌」だけじゃなくて、

ただ私が日本人の前でそいうことしたくないと思っている。これが重要。

だからあなたがいくら恋人のことを大好きでも、嫌なものは嫌とはっきりすべきです。

 

嫌がってるのに無理やり?『好きならいいじゃん』は通用しない、させない

なかには嫌だとはっきり言っているのに、『君のことが好きなんだからいいじゃないか』と自分の欲を優先してくる人もいると思います。

もしそれであなたが素直に「そうか、そうだよね!」と納得できて、周りの目を気にすることなく、自分からも「彼の愛情に応えたい!」と思えるなら、自分の気持ちに従いましょう。

 

しかし『じゃあ僕のこと好きじゃないんだね』と言われ、彼を失うことを恐れるあまり彼の要求を呑んでしまう人は要注意。

相手に合わせるあまり、自分のやりたくないことを受け入れるのは対等な関係とはいえません。

もちろん、相手をコントロールすることはできないので、あなたが拒絶しても人前で迫ることをやめるかどうかは彼次第。

愛情はあってもそれを苦痛に感じるようなら、その人は本当にあなたにふさわしい人なのか一度考えてみたほうがいいです。

価値観の違いは国際恋愛であっても日本人同士であっても起こりうることなので。

 

ちなみに私の彼は日本の文化を知りつつ、私が嫌がることもわかっていながら、遊び半分で迫ってきます。

しつこくてタチが悪い。

こちらとしては本気で嫌なので、彼のあごひげやほっぺたを強烈につねり上げて回避します

ときどき『もういい!ぼくのことが嫌いなんだ』とふてくされますが、私はシカト。

でも、仲良くいい関係を築けてます。

 

 
嫌なのに妥協して受け入れなきゃいけないことは何ひとつないよ

 

もし海外に行ったら?自分の心のままに

はっきり言って、スキンシップが旺盛な海外に行ったら「あなたのしたいようにすればいい」んです。

海外だろうと公共の場でいちゃいちゃするのが嫌なら、それをはっきりさせておけばいい。

ただし、意外と日本から出ると「恥ずかしさの足かせ」のようなものが消え去り、けっこう大胆になれます(笑)

外国人彼との路チューもほとんど抵抗なくなるはず。

だって別に誰もこっちを見ないから。

もし見られたとすれば、アジア人×欧米人のカップルってことで目を引いただけかも。

 

まあ、それで海外暮らしが長い日本人は、日本に戻ってきても人前でのキスに抵抗なくなるのかな。

 

まとめ

私が言いたかったのは、日本の公衆の面前でキスしなかったとしても、それが愛情不足につながるようなことはないってこと。

それ以外の日常のすべてで愛情と尊敬と感謝の念をお互いが忘れなければ、人前でキスを嫌がるくらいで関係が破綻するはずはないということ。

相手の言いなりにならないで、自分の意志をはっきりさせることが大事です。

素敵な国際恋愛ライフを楽しみましょう!

 

最新情報をチェックしよう!