注目キーワード

消極的な女がバーで座ってるだけで外国人にモテるわけがない

私は基本的に恋愛に関してすごく奥手で、孤独を抱えやすいわりに行動が伴わず自滅するタイプです。

婚活とか恋活とかも苦手でした。

一度、「なにかチャンスがあるかもしれない!」と婚活パーティーに参加したことはあるものの、あの決められた空間の限られた人数のなかから相手を選ぶシステムに激しく抵抗を感じる自分がいました。

20人くらい参加した中で、できたカップルは2組。

残りは要するに負け犬、敗残兵です。

時折話で聞く「負け犬同士のオンナの友情」も特になく、逃げるように会場を後にしました。

 

このとき、日本人だけじゃない、外国人の出会いとかってあるのかな?と、ふと思ったんです。

そしてネットで調べまくる。

外国人との出会いってどんなのがあるだろう?

ひとつはマッチングアプリ、ひとつは外国人が参加する婚活パーティー、もうひとつは

「バーで自然に出会う」

 

 
おお!これだ、「自然に出会う」!これがいい!
というわけで、いざ運命の出会いをするべく都内のバーに繰り出しました。
 
結果:
絶世の美女でもないかぎり、バーで座ってるだけで外国人からモテるわけがない
 

バーに外国人がいない

私はネットでいくつか読んだ、「バーで出会って結婚した国際カップル」の話のなかで、実際彼らが出会ったであろうバーをいくつか巡ってみることにしました。

六本木や広尾、東京駅や池袋、大塚など外国人が集まりやすいバーにいざ挑戦!

 

 
よし、まだ誰もいないぞ!
 
30分経過
 
 
うん、まだ誰も来ない
 
1時間経過
 
 
案外、来ないな
2時間経過
 
 
来ない…
 
そして、帰宅。
ドリンクい一杯とフィッシュアンドチップスでつないだ2時間でした。
 
私が入店したのはオープン直後の18:00頃。
外国人はそんな早くから都心のバーに繰り出しません!
(どんだけ遊び人なんだよと)
どんなバーでも21:00以降が彼らの時間です。平日でも!
 

バーでのナンパ待ちは愚かそのものなんだけど

私だって本気で外国人と出会えると思っていたわけじゃない。

つらい失恋のあと、合わない婚活パーティーのあと、どうやって人と出会うか模索しながらやれることやってみようと思ってただけ。

ナンパ待ちというか、外国人のいる空気に浸って、非日常を味わいたかったんです。

 

事実、バーでナンパ待ってる女子なんて男のいいカモですよ。

流ちょうに英語が話せて知性ある女性なら盛り上がるかもしれないけど、平凡な三十路過ぎのオンナがひとり座ってたところで、よっぽど魅力でもない限り話しかけてみようなんて思うわけない。

むしろ、そんな女(私)に話しかけてくる男がいたら、まず疑うべきですよね。

そんなバカ女(私)がいるから、日本人のオンナは落としやすいなんて思われるヽ(`Д´)ノプンプン

 

結局、ときどき外国人の姿を見かけるバーで非日常を味わいながら息抜きするだけにとどまった私。

自分から相手に話しかけることもできず、誰かに話しかけられることを望みながら、そうなることを恐れるという矛盾した考えにとらわれ続け、何度も無駄な時間を過ごしてきました。

 

そしてつくづく思いました。

バーでナンパ待ちしてる女って頭からっぽのおバカさんかと思っていたけど、図らずも自分が同じような状況になってみると、彼女たちも試行錯誤している最中なんだなと。

 

恋愛に臆病な人は「友活」から始めればいいんじゃないか

作為的に男女の出会いを探す場(=パーティー)が嫌いな私は、バーでも積極的な行動ができず、敗北をくり返すことでようやく初心に返りました。

(敗北といっても、そもそも挑んですらいなかった。闘う前に負けていたのだ

 

「恋人探し」と考えるから緊張で頭が固くなってしまうのではないか。

そうじゃなくて、だれだって最初は「友だち」からのはずだし、新しい友だちを見つけることで交流の輪が広がって、新たな出会いにつながることもあるんじゃないか。

 

そう思っただけで肩の荷がふっと落ちるような感覚になりました。

学生と違って社会人は、自ら積極的に行動しないとなかなか新しい友だちは見つからないもの。

男でも女でも、日本人でも外国人でもいい、今までの人生になかった新しい出会いを求め、私はいろんなミーティングに参加しました。

 

ポイントは「共通の趣味」です。

だって共通の趣味がなかったら話がもたないでしょ…

 

旅好き同好会やら語学交流会、Meet Upなどに参加した結果、ロシア交流会で連絡先を交換し合ったのが今のロシア人彼です。

それだって新しい友人のつもりで始めた関係でした。

 

イベントサイトで人と出会うメリット

私はFRONというイベント開催のメディアを通じて交流会に申し込み、そこで男女とも友達としての出会いがありました。

結果的に現在のパートナーと出会ってかれこれ2年経ちます。

そのほかオンラインやマッチングアプリを使った方法でも連絡を取り合った人、実際会ってみた人は何人かいました。

が、やはり現実空間で会って相手の表情やしゃべり方、しぐさや雰囲気などを知ることができるのは、オンラインにはない大きな魅力だと思います。

恋人探しをメインにしている場ではないので、みんなガッついてくる感じもなくフラットなのがすごくいい。

(逆に明らかに食いつきが激しいと引かれます)

 

デメリット、というか気をつけるべき点は、

積極性のない人は置いていかれるということ。

恋愛には奥手でも、友だちづくりには積極的になりたかったうえ、好きなロシアをテーマにした交流会なら勇気を出して話しかけられます。

が、話が弾んでいた相手が別のグループに行ってしまうと、またイチから話し相手を探しなおし。

うまく見つからずに楽しい輪の外へはじき出されてしまうと、私のようなビビりはなかなか中に戻りづらい。

この殻を突き破れるかどうかで、人との出会いのチャンスがあるかどうか決まります。

 

まとめ

要点をまとめてみます。

  • 外国人と出会いたいなら21:00以降にしよう(じゃないといないよ!)
  • 自分から話しかけること。
  • それが無理ならMeet Up健全なイベントサイト(FRON)で友だちづくりから始めるのが効果的
  • ただしそれだってだまって突っ立ってるだけじゃダメ

 

素敵な誰かが現れるのを待ってるだなんて、頭がお花畑状態もほどほどにしましょう。

 

 
と、かつての自分に言ってやりたい
いいパートナーと出会えるかどうかは、あなたがどれだけ積極性を持って行動したかとほんのわずかな運があれば可能です。
運を引き寄せるのもあなた次第。
黙って座っていたら見過ごされたかもしれないものが、あなたが積極的な姿勢を見せ続けることでたまたま誰かの目に触れるかもしれないから。
 
 

 

 

最新情報をチェックしよう!