注目キーワード

年下外国人彼氏と付き合うときの年上彼女の悩みと対処法

統計を取ったわけじゃないのでよくわかりませんが、少なくとも芸能界を見る限り、日本人男性は年下の女性を好むようです。

芸能人=一般人ってわけじゃないですけど。

じゃあトランプ大統領とかブラジルの大統領とかはどうなの?って話ですが、まあ権力者はとは大概若い女性が好きなものですよね。

 

生物学的には女性は閉経まで「務めを果たす」ことになるし、若ければ若いほどいい。

高齢出産は母子ともにリスクが高まるほか、遺伝子異常の病気だって起きやすい。

一方、男性は60歳過ぎても生殖能力はあるため、人間を生物(いち哺乳類)として考えるなら男性が極端に若い女性を好むのはやむを得ないのかもしれない。

 

ところで、私のロシア人パートナーは10歳年下。

彼が25歳、私が35歳の時に出会いました。

彼は欧米人特有の「年より老けて見える顔」で、私はアジア人特有の「若く見える顔」のため、幸い並んで歩いててもさほど違和感がありません。

 

若い年下の彼氏?

しかも外国人?

うらやまし~!

 

とよく言われるし、彼に愛されていることを実感するほど、私はほんとに幸せ者だと認識しています。

 

でも、まって。

私のからだは確実に年をとってきています。

白髪も増えたし、シミも小じわも増えました。かかともカサカサしてる。

乾燥肌なので手指はクリーム必須ですが、それでも「子どものころ見たお母さんの手」に似てきていると感じてます。

太ももの静脈はちょっと透けて見えてきてるし、髪の毛はつむじが割れやすく頭皮の白さが目立つように。

 

 
書いててなんだかむなしくなってきた…

 

若くは見えてももはやかつてのようなみずみずしい若さはありません。

彼は私の年齢をほとんど気にせず、(ときどきからかうけど)、いつも『カワイイ~』と言ってくれる。

 

私はいつまで「かわいく」いられるだろう?

いつまで彼に求められるだろう?

 

本記事では同じように、年下の彼氏を持った女性に私の対処法というか、心構えをお伝えします。

少しでも参考になれば幸いです。

 

結論としては、年上彼女(あなた)の努力が必要ということ。

 

外国人彼氏が年下の場合 年上彼女の悩みは尽きない

私のパートナーはロシア人なのでこれはロシアについての話ですが、ロシア人は恋人、夫婦間での体の関係をとても大事にしているそうです。

日本人が結婚後すぐにセックスレスになるのに対し、ロシア人は夫婦の体の関係を「楽しむもの」と考えており、レスになるようなら婚姻関係を解消すべきとしているようです。

 

年上彼女の対処法①体を若く保つため、筋トレに励む

私は基本的に子どものころからガリガリ体型で、大人になってからも太ったことがありません。(BMIは17.5)

もはやこれは自分のアイデンティティーなので今更どうこうはないですが、裸の自分を見たときに、あばらが浮ている感じや貧乳なんかはずっとコンプレックスでした。

今でもそれは変わらないんですが、一つ大きく変わったことは、内臓周りの筋肉量が落ちたためか下っ腹がポッコリしてきたことです。

ここ1~2年で顕著に。

もともと骨と皮だけのような二の腕も、なんだか皮膚がたるんでぷるんぷるんしてきたし、体中の脂肪をかき集めた遠慮がちなお尻も垂れてきていました。

 

ロシア人彼は太ったロシア人女性をたくさん見てきており、太った人がキライなので、こんな私のからだでも『細くてきれい!』と言ってくれます。

 

 
そりゃあね、歩く酒樽のようなマダムたちに比べればね…(-_-;)
 
でも、彼の言葉に甘えてちゃだめですよ!
何もしないままで今より良くなることはあり得ないんです。
 
そんな私がしたことは、パーソナルジムに通って筋トレをすること。
ふつうのジムでもいいんですが、経験のない人は正しいやり方を知らないため、効果が出る前に飽きてやめてしまうのがオチ。(私のことです)
週一回のジムを半年続けることで、もともと体力のない私でも体のシェイプが徐々に変わりました。
今はパーソナルジムを終了し、今後はスポーツジムで鍛えるつもりです。
実際、体のラインが変わったことは彼も気づき、すごく喜んでくれました。
ネックはお金がかかること。スポーツジムの何倍もかかります。
ただしトレーナーからマンツーマンで鍛え方を教われるパーソナルジムで正しいやり方を学べば、一人でも適切にトレーニングができるようになります。
 
彼のためだけじゃない、自分のためにも筋トレをしよう!

 

年上彼女の対処法②夜の関係を楽しく続けていくには

あたりまえですが、なにより日常的な愛情表現が大切です。

愛あってこその関係です。

年若い彼に求められることは至上の喜びともいえますが、いかんせんこちらも疲れやすい、腰を痛めやすいなどで老朽化が著しい(笑)

これはやっぱり、先ほども述べたように普段からの体力づくりやストレッチ、マッサージなどが効果的です。

私はもともと首が長いうえにストレートネックなので首肩を痛めやすい。

頻繁に腰痛にもなるので、近所のタイ古式マッサージが欠かせません。

(以前は保険のきく接骨院でのマッサージ通いでしたが、マッサージ時間が短く痛みがとり切れなかった)

 

私は体位によってすぐに腰を痛めるので、苦手なポジションや痛みがあるようならそれをちゃんと彼に伝えたほうがいいです。

「彼に嫌われないように」と気を使いすぎて無理しても、決して楽しめないはず。

むしろそういうときにいたわってくれる相手かどうか見極めるのも重要です。

 

自分の体のケアをしつつ、「一緒に楽しみたい」という気持ちを忘れないように

 

年上彼女の対処法③平均寿命をポジティブに考える

日本人女性の平均寿命は約84歳、ロシア人男性の平均寿命は約67歳。

 

 
いや、ロシア人低すぎ!!
 
なんたって日本人女性は長生きの代名詞。
ロシア人はアルコール摂取量が減ってから、比例して平均寿命が延びつつあります。
 
もし彼が67歳で死んだら、私はそのとき77歳。
77歳でだんなさん亡くしてる人、けっこういますよね(私はまだ結婚していませんが)
そう考えるとバランスはいいのかも。
 
もしあなたが年下だったら、早い段階で“未亡人”になる可能性も(笑)

 

年上彼女の対処法④出産はしたければそれを望む相手を

30代も後半になると、リアルな問題として女性としての機能が落ちてくるわけです。

もしあなたが出産を望むなら、少なくとも相手にその願望があるかどうかはものすごく大事。

言うまでもありませんが、生物学的なリミットが近づいてきているんです。

代理母出産とか乱視の冷凍保存とか次世代的なやり方もありそうですが、これにはお金も時間もかかるし、あなたとお相手双方の考え方にも左右されます。

 

私はかつて結婚して家庭を作る目的のために生きていた時期もあり、それは自分にとって不自然な人生でした。

結果的にその目的が果たされなかったことは幸いでした。

10年以上に渡り、自分の生きる目的を探し続け、たどり着いた答えは

「結婚のために相手を選ぶとか、子どもが欲しいから結婚するとか、そういう考えは私には合わない」

ということ。

 

彼はまだ子どもを欲しがっていませんし、私も子どもが欲しいから彼と結婚したいとは思っていません。

でももし私が子どもを欲しているのなら、別の相手を探していると思います。

 

結婚して子どもが欲しいなら、同じ気持ちでいる相手を探すべき

 

年上彼女の対処法⑤彼の気持ちが若い女性に向いたら、素直に祝福する(つもりでいる)

いまはまだ彼は子どもを欲していないし、なんとなく彼の性格上、子どもが欲しいとは言わないんじゃないかなーと思っています。

 

ただもし、彼が子どもを欲しがったら?

そのとき、私がすでに出産のリミットを過ぎていたら?

 

答えは「彼をあきらめ、彼の幸せを応援する」です。

私のような年上彼女にできるのはこれしかありません。

 

2019年にタレントの磯野貴理子さんの衝撃的な離婚の話が出ましたよね。

私はもともと芸能ニュースはくだらなくて興味もないんですが、貴理子さんの話は鈍器で頭を殴られたようなショックを受けました。

自分自身と重ねたからです。

 

私も彼にそう言われたら、貴理子さんみたいになろう、なれるようにしよう。

 

人の心って変わるものです。

結婚前は「子どもはいなくてもいい」と思ってたって、何年かたって心変わりすることってありますよ。

芸能ニュースはあまり見ないので、貴理子さんの元だんなさんがどんな人だったとかはよく知りません。

彼は相手を傷つけることはじゅうぶん承知の上で、でも自分の人生を正直に生きるために彼女に伝えたはずなんです。

そして、貴理子さんもそれをわかったからこそ、彼に感謝して彼を送り出したんですよね。

 

へたしたら、貴理子さんと同じ立場になりかねないのが年上彼女の避けて通れない道。

もしロシア人彼が「子どもが欲しい」と言いだしたら、もしくは若い女性を好きになってしまったら、私も貴理子さんを見習って彼にありがとうと言って送り出したい。

 

そうなってほしくはないけど、そういう覚悟はしています。

潔いオンナの方が絶対魅力的ですから。

 

別れを切り出されたら、感謝の気持ちを伝えるしかできない。偉大なる先人がいることを忘れないようにしよう

 

まとめ

いかがでしたか。

要点をまとめてみます。

  • 彼のためだけじゃない、自分のためにも筋トレをしよう!
  • 自分の体のケアをしつつ、「一緒に楽しみたい」という気持ちを忘れないように
  • もしあなたが年下だったら、早い段階で“未亡人”になる可能性も(笑)
  • 結婚して子どもが欲しいなら、同じ気持ちでいる相手を探すべき
  • 別れを切り出されたら、感謝の気持ちを伝えるしかできない。偉大なる先人がいることを忘れないようにしよう

結局個人でできることは限られています。

あとは彼とのさまざまな相性や運によって、どうなるか決まってくるでしょう。

こればっかりはどうしようもない。

でも「やっぱり女は若いほうがいいのか」なんて思いたくないですからね!

心身共に自分を磨くことで、彼のためだけでなく、真に自分の価値を高められるはずです。

一緒にがんばりましょう!

 

よろしければこちらの記事もどうぞ

関連記事

欧米系の外国人は日本人よりも感情をストレートに出すので、たっぷりの愛情表現をしてくれることが多いと思います。 例にもれず私のロシア人彼もスキンシップはもちろんのこと、いつも言葉でほめてくれるので本当に感謝しています。   と[…]

最新情報をチェックしよう!