注目キーワード

ロシア人彼氏に聞く!「ロシアはヨーロッパじゃない」?

日本はアジア、ギリシャはヨーロッパ、チェコも東欧なんて呼ばれてるくらいだからヨーロッパに違いない。

さて、ロシアって何なんだろう。

モスクワやサンクトペテルブルクは広大な土地の西側にあるからヨーロッパと言えます。

共産主義の名残があるとはいえ街並みはヨーロッパそのもの。

真冬のモスクワ

 

 

で、私は極東ロシアのウラジオストクとそこから北へ1時間ほどのハバロフスクへ行ったことがあるんですが、こちらもちょっとくたびれてるけどヨーロッパ感はじゅうぶんにあります。

ウラジオストク

 

 

ロシアは実に140以上もの民族で構成されている多民族国家で、ヨーロッパ系のスラヴ系やウラル系民族のほか、シベリアから東ヨーロッパまで広く住んでいるタタール人(テュルク系民族)など、まさに民族のるつぼです。

 

さてそんなロシア人であるC君は、そんな多民族国家で自分のアイデンティティーをどう思っているんでしょうか?

 

モスクワっ子はプライドが高い

ロシア人彼C君はモスクワ出身、ロシア国内でもサンクトペテルブルクと黒海に近いリゾート地くらいしか行ったことがない。

 

C君
『ロシアはね、モスクワとサンクトペテルブルグくらいしか観光地ないから』
やなせ
えー…(だが一概に否定できない感もある)
 

モスクワっ子であるC君は大都市圏以外を低く見ている傾向があり、ロシアの学術的価値はすべてこの二大都市に集中していると考えています。

ゴルバチョフ政権が始めたペレストロイカ後、ソ連が崩壊してからロシアの経済状況が著しく悪化し、現在はようやく教育水準もマシになってきているとC君は言います。

C君はソ連崩壊後の混乱の時代に生まれているので、より経済的な問題や教育水準の低下を感じていたのかもしれません。

 

モスクワとサンクト以外は「いなか」と言いきる彼にとって、ロシア以南の「ヨーロッパ」はあこがれの地。

経済的に安定している国も多く、学問にも優れている大学での研究員を目指す彼は、ヨーロッパでぜひとも就職したいんだそう。

 

 
やなせ
ヨーロッパヨーロッパ言うけどさ、ロシアだってヨーロッパじゃん
C君
『…。ロシアはすべてがヨーロッパから遅れてる。ロシアはヨーロッパじゃない』
なんだか雲行きが怪しくなってきた。

「ロシアはヨーロッパじゃない」とロシア人が卑屈になるワケ

ロシアが「ヨーロッパ的」になったのは、17世紀にロマノフ朝の繁栄を遂げさせたピョートル大帝が

「ヨーロッパ大好き!! フランスとかスペイン、マジあこがれる!」

を公言して、みずから各国へ視察に行った辺りから始まったと言われています。

 

ピョートル大帝など歴史上の有名人オモシロ話はこちら(↓)

 

 

ちなみにフランス料理のフルコース(一皿一皿料理が出てくる)はもともとロシア式の料理の提供の仕方だそうですよ。

冷めないようにと。

 

ピョートル以前の中世では、ヨーロッパ諸国はロシアのことをアジア的とみなされていました。

その背景には長きにわたり強大なモンゴルの支配が及んでいたからです。

 

つまり、ロシア人にとってヨーロッパの仲間とみなされることは数百年のあこがれでもある一方、ソ連という巨大な軍事連合国家であったがゆえにヨーロッパとは一線を画されていたという歴史が背景にあったんですね。

C君はロシアがヨーロッパにはなれない、すべての水準がまだまだヨーロッパレベルまで達していないことを実感して、ロシアはヨーロッパじゃないと悲しそうに言ってたんです。

 

でも、C君はロシアはヨーロッパだと誇りたい気持ちがあるような出来事がありました。

 

「ロシアはアジア」であわや喧嘩勃発

C君が大学院でのウェルカムパーティに参加していた時のこと。

お酒の勢いもあり、なにかの拍子でブルガリア人の院生と大喧嘩になりかけたことがありました。

 

最初は普通にしゃべっていたものの、(詳細はよくわかりませんが)ブルガリア人の男の子が揶揄を込めて、

『ロシアはアジアじゃん』

と言ってきたらしい。

これに対しC君は怒りをこらえて喧嘩を避けたそう。

帰ってきてからグチグチ…。

C君
『もうぶん殴ってやりたかった!』
やなせ
暴力はダメだよ暴力はさ
C君
『暴力はしてもいいんだ。暴力は健康にいい』
などと物騒な自論を展開するものの、結局手は出さずじまい。
(健康にいいなら殴ってみたらよかろう)
いや、まあね、ブルガリア人とロシア人の喧嘩とか、もう喧嘩レベルの意味が分からないので、「あ、そうなの」くらいで聞き流しましたが。
ロシアはヨーロッパじゃないとか言っておきながら、アジアと言われることに非常に憤慨したC君。
ま、確かにアジアよりヨーロッパの方が先進国が多いのは事実だけどさ。
 
まあでも、ロシアは広いからさ、ヨーロッパ的な部分もあるし、アジア的な部分もあるし、大きい国だからいろんな人が住んでるし、、、
とC君をなだめつつ…
 
正直、どっちでもよくね?
 
というのが私の意見です。
 
外国人彼氏といると、日本人には理解しがたい民族問題がしばしば話題になります。
 
 
関連記事

どんな彼氏が理想?と聞かれたら、こんなふうに思ったことありませんか?   ありのままの自分でいられる相手がいい   ありのままの自分とは、生きたいように生きられる自分らしさを消さないで生きられる自分のこと[…]

関連記事

外国人は日本人の年齢をあまり気にしない傾向にあるため、年上の日本人女性と付き合うことがよくあります。 ただしお相手が年下だと、年上彼女としてはどうしても若さへのコンプレックスがありますよね。 それに加えて、彼をサポートしようとするあまり[…]

最新情報をチェックしよう!