ピーナッツバターで太りたい?適量と食べるタイミングは

 
ガリ女さん

ナッツ類って高カロリーでビタミンも豊富、脂質もいいものだって聞いたよ
そこでピーナッツバターを食べてみようかと思うんだけど、どのくらいの量なら健康的に太れるのかなぁ?

 

 

良い考えだよね!
ピーナッツバターは良質な脂質と豊富なビタミン・ミネラルであなたのコンディションを整えてくれるんだよ

食べるタイミングは間食がおすすめ、1日の最大量は大さじ2杯以内が目安だね

 

ピーナッツバターとは

ピーナッツバターにはバターは入っていません!

これってけっこう驚きませんか?

私はずっと、バターも入っていて、だからあんなに濃厚で脂質も高いんだと思っていました。

ピーナッツバターは炒ったピーナッツを粘りが出るまですりつぶすことで、ペースト状にすると出来上がります。ナッツ類本来の油分が出てくるんですね。

 

じゃあピーナッツペーストでいいじゃないか、というご意見もあると思いますが。

でもほら、シアバターだってバターが入ってるわけじゃありません。アカテツ科の種子からとれる植物性油脂ですもんね。

なのでピーナッツバターという名も許してやってください。

 

ピーナッツバターは健康食品というより嗜好品として流通していることが多く、塩や砂糖で味をととのえているものがたくさんあります。

最近では無添加や無塩、無糖など、なるべく自然に近いピーナッツの味を楽しめるよう作られたピーナッツバターも現れ始めました。

 

ピーナッツバターの栄養価 良質な脂質とビタミン&ミネラル

大さじ1(15g)あたり カロリー96kcal タンパク質3.81g 脂質7.61g 炭水化物3.08g

▶『カロリーSlim

 

ピーナッツバターはわずか大さじ1杯で、100kcal近くのボリュームがあります。

単純計算で、ピーナッツバター大さじ2杯半で白米1膳分のカロリーをとれちゃうことになる。

 

 
ガリ女さん

ものすごい高カロリーだねえ…
さすがに食べ過ぎたらヤバいことはわかるわ

 

 

ナッツ類はどれも高カロリーだからね
タンパク質も高いんだけど、特筆すべきはやっぱり脂質(^-^)

 

ピーナッツバターの脂質は「体にいい油」で、体内で合成できない必須脂肪酸でもあります。

コレステロールを下げるオメガ9のオレイン酸やオメガ6のリノール酸が豊富に含まれています。

血管年齢を若返らせ、体の内部からボディメイクできるのがピーナッツバターの優れているところですね。

 

 
さらにピーナッツバターにはビタミンや銅が豊富で、ただ太れるだけじゃなく、体のすみずみまでキレイになれるんだ

 

ピーナッツバターには特にビタミンB群のナイアシンが多く、アルコールの分解に役立ってくれます。

つまり二日酔いになりにくくしてくれるんですね。

また美肌効果のあるビタミンEも含まれていて、30代の女性にはうれしいアンチエイジング効果があり、10代、20代の女性には今のうちから細胞をキレイにしておくことができます。

どうせキレイに太りたいなら、こういう体の内部の健康美で同世代と差をつけましょう。

 

もうひとつ、忘れちゃいけないのはミネラルのひとつ、銅の豊かさ

 

 
ガリ女さん
銅の働きってなに?

 

 
銅は鉄の働きをサポートしてくれるのだっ!

 

鉄が赤血球のヘモグロビンになるのを助けてくれる。つまり貧血になりにくくしてくれるんです。

そのほか活性酸素を抑えてくれる働きもあるから、体の老化を遅らせる働きもしてくれるんですね。ありがたや~

 

健康的に太るためのピーナッツバターの適量は?

適量は1日に大さじ2杯までを目安に

 

いくら美容や健康にいいからといってとり過ぎはよくありません。

脂質が高いので、ピーナッツバターだけ食べ過ぎるとほかの食事で脂質を制限しないといけなくなります。

ピーナッツバターの脂肪酸のひとつ、オメガ6のリノール酸は血中コレステロールを下げる働きをしつつ、とり過ぎると善玉コレステロールも減らしてしまったり、アレルギー疾患の原因になったりもします。

 

適量は大さじ2杯以下。

大さじ1は、だいたい食パンにたっぷり塗るくらい。

 

大さじ2杯以下でどのくらい摂取するかは、あとの3食での兼ね合いもあります。

きちんと管理しましょう。

 

ピーナッツバターを食べるタイミングは?

ピーナッツバターを食べるタイミングは、朝昼晩の3食より間食がおすすめ。

脂質が高いので、調理で使う油とバッティングして、1食あたりにとる脂質の量が多くなってしまうと予想できます。

 

 
脂質は強力なエネルギーになってくれますが、余ったら脂肪になってしまうので注意

 

脂質が高いと少量で腹持ちもいいので、午前や午後の間食でとれば次の食事まで空腹を感じにくくなるはず。

逆に食事の直前はピーナッツバターを食べるのはやめておいたほうがいいです。

お腹がいっぱいで食事がとれなくなりかねませんから。

 

ピーナッツバターをおすすめできる人

美容効果を期待して太りたい人

ピーナッツバターの脂質は、ポテチの脂質とは全く違います。

とり過ぎると血液ドロドロを引き起こす飽和脂肪酸と違い、適量であれば血液サラサラの効果がある不飽和脂肪酸のはたらきに期待できるから。

また、美肌効果の高いビタミンEも多く、痩せすぎてカサカサの肌にうるおいをもたらしてくれます。

もちろん食べ過ぎはよくありませんが、健康美を意識しながら太りたい女性にはぜひおすすめ。

 

ナッツ類が好きな人

これは単純に、好みの問題。

好きな人はとことん好きで、袋食いをやめるのに必死だとか。

私は個人的には、ナッツ類はそんなに好きじゃありません。食べられますけど…

 

ピーナッツアレルギーのない人

これは必須です。

ナッツ類はアレルギーのある人が多いので、すでに自覚しているならともかく、自覚なしで食べてアレルギー症状が出たら危険信号です。

かゆみやじんましん、呼吸困難などに陥るので、ナッツアレルギーにはくれぐれも注意してくださいね。

ピーナッツアレルギーがあるかどうかは採血検査で調べられます。

気になる方はお近くの内科へどうぞ。

 

甘いものに抵抗がない人

ピーナッツには自然の風味でほんのりとした甘さがあります。

私は甘いものが苦手で、このナッツの甘味ですらきつく感じてしまうくらい。

ピーナッツバターはおいしく食べるために塩や砂糖、その他添加物で甘じょっぱく仕上げられていることが多いですね。

ピーナッツバターと甘みは無縁というワケにはいかないので、甘いものOKな人にはおすすめ。

 

3食で脂質のコントロールができる人

ピーナッツバターはとにかくカロリーと脂質が高い。

食べ過ぎれば簡単に1日の脂質量を超えてしまいます。

間食で食べようが、メインの3食で食べようが、ヘタすると1日のPFCバランスが崩れかねません。

ちゃんと栄養バランスを管理できる人には問題ないと思います。

 

エネルギー消費が大きい人

外回りの仕事や室内を動き回る仕事やスポーツをする人など、エネルギー消費が大きい人にはとくにおすすめ。

というのも脂質はタンパク質や炭水化物に比べ、2倍以上もエネルギーを作り出してくれる働きがあるんです。

 

 
脂質=悪というわけじゃないんだよね!意外でしょ

 

けっして食事の置き換えにすることはすすめられません。

しかし、たとえば食事をとる時間のない出先で、コンビニのピーナッツバター入りコッペパンを買うとか。

ハイキング中の小休止でピーナッツバターを食べるとか。

使い方によっては少量で膨大なエネルギーを生み出してくれるのが正解ということもあります。

 

 

おすすめピーナッツバター

 

アメリカからの輸入品ですが、無添加で甘味料や食塩、トランス脂肪酸が含まれる植物油不使用の、高品質なピーナッツバター

国産品より安く、リピートしやすいのもAmazonレビューが高評価の理由ですね。

▶トランス脂肪酸についてはこちらの記事もどうぞ:【WHOが警鐘】トランス脂肪酸、どのくらい気をつける必要がある?」

 

 

ピーナッツバターは使い方次第で健康的に太れます。

ナッツ大嫌い!でなければ、ぜひ試してみてくださいね。

プルエル

最新情報をチェックしよう!