【おしらせ】 ただいまサイト改装中につき、レイアウトやリンクが乱れている箇所があります。ご迷惑おかけします。

使えない上司にイライラするのは損【仕事できない人と共存する方法】

直属の上司がぜんぜん仕事できなくてすごい迷惑!

(なのに給料はもらってる)

人間的に尊敬できない人のもとで働くのが精神的に負担

 

↑こんな悩みに答えます。

 

仕事はやりがいあるのに、使えない上司のせいで心身ともにきついことありますよね。

 

私も職場でダメ上司に当たったことがあります。

 

いやもう、ほんと目障りかもしれませんが、そんな上司と働くには

敵対してはいけません!

 

使えない上司のタイプによってはうまく利用できることもある!

 

 
ヤナ
うまい具合に上司を使えれば、プロジェクトを有利に進めることもできるっ!

 

案外、あなたのやりたいようにできたりするので、敵対するだけ損、なのです。

 

  • 仕事を続けたいなら上司を利用する。「近寄る」のは徹底的なシャットアウトよりもおトク
  • 「嫌いな上司がいて…」は転職理由にならない。
  • 「いつでも辞められる」覚悟を持つと世界が広がる

 

あなたがやりがいを持って臨む仕事を、ダメ上司に台無しにされたくないですよね?

せっかくならここは、どうしたら共存できるか?を考えてみましょう。

そして転職を考えるべきタイミングも参考にしてみてください。

 

▼ストーリー仕立てで読みやすい転職の思考法▼

使えない上司の特徴と分類

「こんな上司はダメ!」

の典型を大きく4つのタイプに分けてみると、こんな感じ。

  1. 無責任な上司
  2. おバカな上司
  3. できない上司
  4. 感情的な上司

 

ほらほら、「あ~、いる~」って頭のなかに浮かんできた人いませんか?

そんな誰かさんを思い浮かべながら読んでみましょう。

無責任な上司

【無責任な上司の特徴】

  • 間違ったことを教えて謝罪しない
  • 言うことがコロコロ変わる
  • 自分の仕事を押しつける

 

上司に教わった通りにやったのに、じつは間違っていたことが発覚。

上司に報告しても、

え。そうなの。ふーん

とスルーされる。

 

毎回言うことがコロコロ変わる。

「ここまででいいからやっといて」

と言われるがままに作業を進めていると、言った本人(上司)から

「それ、違うんだけど。なんで終わらせてないの?」

とか言われちゃう。

 

上司の脳内でのみ、日々情報がアップデートされているようです。

 

こちらとしては

「この前と言ってること違うじゃん!(# ゚Д゚)」

とツッコミたくもなりますよね。(経験者)

 

ダメ上司は自分の仕事を体よく押しつけてくることもあります。

「部下を使えている自分w」

に酔っているのか、部下が断れないのを良いことにけっこう重要なことを振ってくることもある。

 

私がかつて働いていた医療機関では、本来はキャリアのある人がやるべき医療行為のカウンセリングを、アルバイトに押しつけてるダメ上司(院長)がいましたね。

アカンです。

 

そんな無責任な使えない上司たちは

自分に自信がない

んですね。

 

だから自分を否定されることを嫌い、失敗を認めたくない。

自分に責任があることを受け入れられない、精神的に未熟な人というワケ。

 

つまり「無責任な上司」は、

マウントをとるか責任転嫁するしか自分の価値を認められない
かわいそうな人なのです。

おバカな上司

【おバカな上司の特徴】

  • 気が利かず、いつも暇そうにしている
  • イエスマンで周りを固めている
  • 空気が読めない

 

ミスや細かいことを気にしない程度の大ざっぱなタイプから、納期をまったく気に掛けないレベルの大バカ者まで。

 

ほら、マンガとかゲームとかでもいるじゃないですか、バカっぽいのにじつは頭いいキャラ。

チャラいのにじつはデキるキャラ。

ギャップ萌え。

 

それ、フィクションですから。

 

リアルはちがいます。

 

おバカな上司は日がな一日、デスクでうとうとしているか、営業に出ても手ぶらで帰ってきます。

理由をつけてすぐに仕事をさぼろうとします。

自分はなにもしないくせに、こちらの仕事に首をつっこんできたりダメ出しをして足を引っぱってきます。

 

なんの成果もなく、指導力もないまま、ただ勤続年数が長いというだけでどんどん昇進していった、本人もびっくりのステータス。

 

これが日本の終身雇用、年功序列が生んだ負の遺産なのですね。

 

つまり「おバカな上司」は、

なんの成長もできないことが許される環境で、なにをすべきかわからないままただ存在するだけの

哀れな人なのです。

できない上司

【できない上司の特徴】

  • キャパが小さく、いつも余裕がない
  • 時間の管理ができない
  • 忙しそうなのになにもかもが空回り

 

できない上司は基本、いつも一生懸命にがんばってます。

残業や休日出勤は当たり前、深夜にも仕事のメールをバンバン送ったり電話をかけてきたりしちゃうような、ワーカホリック風テロリスト

 

がんばる方向性がずれてるんですね。

方向性のずれた松岡修造はパワハラにもなりうる。

 

「私は仕事一筋なの」

「さあみんな、バリバリ働くぞ!」

などと耳障りの良いことを言うものの、その実態は

要領が悪すぎて定時に帰れない
のです。

 

ヤバいのはそれを部下にも強要すること。

 

できないタイプの上司は仕事が終わらないので残業するハメになるんですが、定時で帰ろうとする部下を怒ったり、

残業をして当たり前の環境

を固めたいと思ってる。

 

自分のキャパが小さいから、目の前の仕事でいっぱいいっぱいになってしまい、部下を適切に教えることができない。

そして忙しくて寝てないアピールで、自分がどれだけ働いてるかを見せたいのに、

ふと振り返ったら誰も後ろについてきてない状態

という、かなしい事態に。

 

つまり「できない上司」は、

一生懸命働いているつもりが、じつは自分の要領が悪いせいなだけと気づけない

残念な人なのです。

感情的な上司

【感情的な上司の特徴】

  • 日によるご機嫌⇔フキゲンの差が激しい
  • 人による好き嫌いが激しい
  • 感情のコントロールができない

 

もっともたちが悪いのが、この感情的なタイプのダメ上司です。

 

イライラして平気で人を怒鳴ったり、脅したり、嫌味を言ったりするので、言われた側の部下を精神的に病ませるのがこのタイプ。

 

感情の起伏が激しく、

昨日は怒ってると思ったら今日はやたら機嫌がいい

など、気性の波を読めないため、

「今日の機嫌はどうなんだろう…」

と部下は絶えずビクビクすることになります。

 

 
ヤナ
いつもむすっと機嫌が悪いままの人の方がまだ対処しやすいですよね

 

また、お気に入りじゃない部下のささいなミスに対しても、

「評価を下げてやろうか?」

などと脅しをかけるようなゴミクズ上司もいます。

 

感情のコントロールができないタイプはパワハラも通常運転。

 

「でもあの人、仕事はできるんだよなぁ」

とか思ってます?

 

とんでもない!

 

部下に気を使わせ、病ませるヤツは言語道断!有害無益!

そういうのを「仕事ができる」とは言いませんから!

 

この気性の荒い上司は得体のしれない爆弾を抱えているようなものなので、

触れるな危険!!

 

ですから、懐柔策はありません。

サイコパスとはできる限り距離を置くのが得策。

 

しかし精神的に叩きのめされ続けるようなら、上層部や労働組合にパワハラを訴えるとか、法的な手段も考慮すべきです。

 

へたに近づくよりは共同戦線を張って身を守るしかない。

同志をつのって徒党を組んで、数と法律で応戦しましょう。

私のダメ上司体験談

私はこれまで異業種間も含めて4回ほど転職しましたが、

 

 
ヤナ
ほんと使えないなこの人たち…
 
と痛感した職場経験があります。

上司A 病んでる

上司A、病んでました。

明るく元気なときもありますが、基本、なんか背後霊みたいなのが見える。

デスクに座り込んで黙々となにかの作業に没頭。

 

 
ヤナ

すいませ~ん、それ今やる仕事じゃないんですけど…

てかアナタの担当はこっちでしょうが…

来てくれないと仕事回らん!(心の声)

 

毎日の担当業務の割り振りを決めるのも上司Aの仕事で、しっかり役割に自分の名前を書いておきながら、病みモードでどこかに消えてしまう。

限られた人数で分担しながら行っているのに、ひとつの役割がひとり足りなくなるので周りがフォローするハメに。

 

使えない。

 

やらないなら自分の名前書くなよ。

「仕事しました感」出すなよ。

私が在職していた2年半、ずっとそんな感じでした。

 

病むこと自体が悪いわけじゃないです。

誰でも起こり得ますからね。

 

でも仕事ができないくらい病むなら、いっそ休職したらいいんです。

 

上司としての役割が果たせないなら、一度ゆっくり養生すべき。

で、周りに配慮を求めて、復職を目指す。

そんな前例を作ればいいんです。

 

 
ヤナ
そういう自己管理もできてこそ、ひとの上に立てるはずじゃないですかね。

上司B アル中

上司Bはアル中でした(笑)

(笑)ってもう、笑うしかないですよね。

 

仕事中に缶チューハイ飲んでました(-_-;)

 

指示はコロコロ変わるわ感情の起伏は激しいわで、相当振り回されましたね。

 

なぜそんな人が処分されずにい続けられたのか?

 

 
ヤナ

なぜなら、その人が職場のトップだったからです。

上司C 無能

上司Cは無能タイプ、おバカタイプでした。

 

「毎週月曜日、始業前にミーティングすることにしたから、30分早く出社して」

と発令が出たのでしぶしぶその通りに行くと、ミーティング開始は予定より10分遅れ。

 

実質20分のミーティング時間のなか、上司は部下の髪型とかプライベートとかどうでもいいことに話を振り、なにひとつ有益なことを話し合えないまま終わる。

 

書記係で持っていたノートは、最後までまっさらなままでした。

やがてこの「思いつきミーティング」はいつのまにかフェードアウト。開催されなくなっていた…。

 

そのほか、「連絡ノート」なるものを発案するが、結局自分はほとんど使うことなく、飾りのように壁に立てかけられたままだったことも。

 

ほんっと、この上司のもとで働いていた時ほど、

形骸化(けいがいか)

という言葉が脳裏にちらついたことはありません。

 

「形骸化」とは、実質的な意味を失い、形式だけが残ること。

出典:コトバンク

 

 
ヤナ
もう、すべてが無駄だらけ!!

仕事できない上司と共存する方法

使えない上司を利用する

  1. おバカな上司
  2. 無責任な上司
  3. できない上司

は、こちらからコントロールすることが可能

 

上記3タイプはプライドが高かったり褒められるのが好きだったりするので、

自尊心をくすぐりつつ距離をつめて信頼関係を結ぶ

のも一つの手段です。

 

たとえば寝てないアピールがウザい上司には、

「えっ? ○○さん、働きすぎですよ~。おすすめのタイ古式マッサージ紹介しましょうか?」

と大げさに心配してあげる。

 

ミスの責任を押しつけられたら、

「私の確認が甘かったんです。ご迷惑おかけしました。これからも相談に乗っていただいていいですか?」

と頼りにしてますアピールをする。

 

これらはいわゆる「タテマエ」じゃありません。

ウソを言っているわけでもない。

上司を手のひらで転がすのは感情と切り離して、

「タスク(課せられた仕事)だ」

と割り切るのです。

私はウソとか忖度とか大嫌いですが、タスクと割り切ればけっこうできます。

 

ダメ上司は頼ってくる部下を大事にします。

気分はいいでしょうね。

 

で、上司に気にいられたあとは

「上司の名のもとに」

改革を進めたり、プロジェクトを始めたり、あなたやチームのやりやすいように仕事を進めることができるようになるんですね。

 

私の職場は人の動きが多いんですが、家具の配置のせいで動線が悪く、全体のパフォーマンスが下がっていました。

(ダメ上司は働かないので気づかない)

そこでイイ感じに距離を縮めた上司の権限をうまく利用して、配置換えの提案に成功。

おかげでムダなストレスからも解消され、作業効率がアップしました。

 

「そんなこと言われても、どう接していいかわからないよ」

 

というあなたには、月並みですが

あいさつから始める

ことをおすすめします。

 

嫌いな人にほど明るくあいさつしましょう。

毎日やっていると次第に慣れてきて、雑談のハードルが下がります。

ハードルが下がれば乗り越えて懐柔する。

あとはこちらのものです。

感情的な上司との共存はムリ

残念ながら、サイコパス的上司との接触は転職を考えるべき案件です。

 

さきほども強調しましたが、

感情のコントロールができない爆弾上司との共存はムリ

です。

 

病んでるんだか更年期なんだか知らないけれど、部下を威圧するしかできないクズ上司はこちらから見限るべき。

 

「ホントはいい人なのかも」

とか

「うまくやっていこう」

なんて思っちゃいけません。

ムリですから。

 

その職場で働き続けたいなら出るとこ出ましょう。

ダメ上司のもとで働く限界を感じたら

「私はいつでも辞められる」と思うこと=選択の切り札はいつでもあなたの手にある

 

この状況、

  • 自分にはどうしようもない、
  • 何も変えられない、
  • 従うしかないんだ…

と流されるままにあきらめていませんか?

 

自分には何もできないなんて、そんなことはぜんっぜんありません!

 

あなたはいつでも自分の人生を選ぶ権利を持ってるんです。

もちろん責任は伴いますが。

 

あなたは使えない上司がいる職場を

いつでも辞められる

のです。

 

いつ「勢いで」辞めてもいいように、下準備はしておきましょう。

辞める前の下準備】

  1. 就業規則を読む
  2. 無料の転職エージェントや求人サイトに登録する(毎日チェック)
  3. 退職届を書いておく
  4. 退職理由(転職理由)を考えておく
  5. 退職が決まった人がいるなら話を聞いておく

 

就業規則には退職に関するルールが書いてあります。

できれば「私が辞めるのは正当な理由あってのことだ」と胸を張って辞めたいところ。

会社の規則に従って辞めれば文句のつけられようがありません。

必ず一読しておきましょう。

 

転職エージェントや求人サイトに登録すると先方からメッセージが送られてきます。

退職時期が決まっていないなら正直に伝えればOK

求人は毎日チェックしましょう。

「私にはこんなに選択肢があるんだ」とわかり、視界が開けます。

 

また、あらかじめ退職届を書いておき、いつでもつきつけられるようにしておくのも精神安定剤効果に。

 

▼退職届についてはマイナビクリエイターが詳しいです▼

マイナビクリエイター

会社に退職の意思を伝える際は、退職願または退職届を会社に提出しなくてはなりません。本記事では、退職願と退職届の違いや正し…

 

さらに、辞める理由もしっかり考えておくこと。

「嫌いな人がいたから辞めました」

は、退職理由にはなっても転職の理由になりません

ちゃんとポジティブな志望動機を考えておきましょう。

 

あと、個人的におすすめなのが退職が決まった人に話を聞いておくこと。

部署が違っても「○○さん辞めるらしいよ」というウワサが届いたら、勇気をもって話しかけてみてください。

退職理由は(本音を言うとは限らないので)参考にならないかもしれません。

ですが、辞めることを人事部に伝えたときの流れを聞いておくと、自分が辞めるときのシミュレーションになります

けっこう役に立ちますよ。

腐ったミカンの方程式

腐ったミカンの方程式

って聞いたことありますか?

 

腐ったミカンは同じ箱のほかのミカンも腐らせる

だから早く取り除かなければいけない

というもの。

 

 
ヤナ
元ネタは金八先生のようですね。(見たことないので知りませんでした)

 

元は教育論だったようですが、ビジネスの場で置き換えるとすごく納得できます。

 

ダメ上司がいる職場。

そんなダメ上司が許されている企業体質。

ひいては会社そのものが腐っている可能性。

 

そんなふうにも考えられる。

 

私は以前の職場で

「腐敗が蔓延している」

と感じていました。

 

だれか一人を排除すれば清浄化できるという状態じゃなかった。

こうなったらもう、自分がその場を離れるしかありません。

 

能力がない人を昇給させてしまった上層部にも責任がないはずがない。

そんな人を野放しにして、対策も講じないことに問題があります。

 

使えないダメ上司があなたの足を引っぱっている。

使えないダメ上司のせいであなたの本来の能力が伸びない、評価されない。

 

このような理由で葛藤するくらいなら、さっさと転職することをおすすめします。

あなたの貴重な時間を無駄にしないためにもね。

まとめ

  • 仕事を続けたいなら上司を利用する。「近寄る」のは徹底的なシャットアウトよりもおトク
  • 「嫌いな上司がいて…」は転職理由にならない。
  • 「いつでも辞められる」覚悟を持つと世界が広がる

 

どんな職場でも嫌な人、ムカつく人、気の合わない人はいるものです。

人間関係がめんどくさくなって辞めたくなる気持ちはよくわかりますが、まずは一度

その人に利用価値がないか?

振り返ってみてください。

 

人の扱いにたけることで驚くほど有利になったり、思いのほか評価が上がったりすることもあります。

そして十分に成長できたと感じたら、転職を考えるのもアリ。

 

嫌なことから逃げたって全然かまいません。

でもせっかくなら、ちょっとだけ賢く立ち回って仕事術を磨いてみてはいかがでしょうか。

 

最新情報をチェックしよう!