スマ留のコロナによる全額返金対応について【キャンセル料はかかる?】

スマ留は格安って聞いたけど、もしコロナの影響で渡航制限かかったらお金って返してもらえるの?
 
こんな疑問に答えます。
 
スマ留 の公式サイトによると
2021年8月以降の渡航が決定している人に限り、
  1. 申込金5万円
  2. その他発生する費用
はいっさい返金してもらえる【全額返金制度】を設置
とのこと。
未来の予定が立てられないなか、こういう制度は本当にありがたいです。
いくつか条件もあるので、留学を考えている人はしっかり確認しておきましょう。
 
 
▼申し込みは1分でできます!▼

スマ留のキャンセル料【通常の場合】

スマ留のキャンセル料は【サービス申込書兼契約書】によると次のとおり。
 
  • 申し込み日から8日以内ならキャンセル料は不要
  • 申し込み日から9日目以降の場合は申込金のみ(5万円)
  • 学校開始まで90日を切っている場合は総額の50%相当
  • 学校開始まで60日を切っている場合は総額の70%相当
  • 学校開始まで30日を切っている場合は全額

 

コロナキャンセルした私が返金したもらえた額

私の留学先はアイルランド。首都ダブリンに到着後、たった2週間で帰国しました。

復職後の仕事の都合もあり、もうキャンセルするしかないと判断。

最終的に支払った総額の40%程度返金してもらえました。

 

たぶんこの時期、スマ留さんやほかの留学エージェント、各国の語学学校は返金対応に追われていたと思います。

 

心情的にはね、申込金以外は全額返金してほしかったですよ。

現地でほとんど何もしていない(ロックダウンしていて学校にも行けなかった)ので。

 

ただ、状況が状況だけに現場は大混乱していたはずなんです。

それは現地で語学学校の先生たちとオンラインのやり取りをしていても、ひしひしと伝わってきました。

 

通うはずだった語学学校も平時であれば返金対応はしていないとのことだったので、スマ留さんがいかに交渉して顧客利益を守ってくれたかがよくわかりました。

 

スマ留【全額返金制度】の条件

スマ留の全額返金制度には一定の条件があります。
 
  1. 2021年8月以降に渡航が決定している人で、
  2. 新型コロナウイルスによって、渡航先で入国拒否がある場合
 
そりゃ、先方で受け入れ拒否なら渡航のしようがないですもんね。
 
ただし、
  • 渡航費用(航空券代)
  • 海外留学保険代
は返金されません。
あたりまえですね。
 
スマ留は飛行機や保険を申込者が好きなように買えるから格安留学エージェントなわけで、これらはスマ留の責任の範囲外だからです。
 

留学の申し込みは早めにしておくべき?

もし1年後の自分の状況が今と変わらない見通しが立っているなら、予定を組んで申し込んでおくべき
と、私は考えます。
 
通常、留学の申し込みは半年から1年前に行うんですね。
語学学校の受け入れ人数が上限に達してしまうと申し込めなくなるので。
 
でもコロナ禍では
「1年後、世界がどうなっているか?」
だれにも予想できない。
 
では、あなた自身の来年の見通しはどうでしょう?
現時点で経済的に苦しい場合は留学どころじゃないですよね。
 
でもとりあえずは仕事もあるし、
来年も自分自身の状況が今と変わらないであろう
と予想がつくなら、留学の夢をあきらめるのは早いと思います。
 
ただし職場の理解が必要なケースもあります一度相談しておいたほうがいいですね。
私は留学するとき一度退職届を書きましたが、「コロナで戻ってくるかも」と話しておいて正解でした。
結果的にスムーズに復職できたのは幸いでした。
 
社会人の留学ってタイミングがけっこう大事。
「やってみたい」と思ったときが始め時です。
スマ留は無料の面談も行っているので、相談だけでもしておいて損はありません。
 

まとめ

ある程度のリスクを覚悟できている人だけがワーホリや留学を選択すると思います。
それでもコロナという敵はあまりに大きすぎる。
 
キャンセル制度が適用になれば、精神的には落ち込んでても経済的には安心できます。
おカネがあればまたチャンスはつかめる!
社会人留学を迷っている人は、一度カウンセリングで相談されてみることをおすすめします。
いまはオンラインカウンセリングをおこなっているので都心まで行かなくて安心ですよ。
 
▼まずは相談しないと始まらない!▼
 
 
ヤナ
スマ留さんはとてもいいエージェントなので、なんとか乗り切ってほしい…と元利用者は思うのです
最新情報をチェックしよう!