実際に利用した私がスマ留の悪い口コミを検証してみる

格安の留学エージェントとして有名なスマ留

一方で、ネット上ではスマ留への不満や対応の悪さなど、デメリットの口コミも散見されますね。

利用者はなぜそんなに怒っているのでしょうか?

なにに不満なのでしょうか?

これからスマ留を利用してみようと考えている人に参考になるよう、実際に利用してみた者として口コミの検証をしてみたいと思います。

私は2020年3月からスマ留を利用して約8月間、アイルランドに滞在予定でした。

このために1年前より入念な準備をして、家財一式手放したり退職したり住民票を抜いたりしたのですが、コロナ禍で緊急帰国せざるを得ない状況を経験。

予定していた通りの留学生活を送れなくなったのですが、

  • 出発前
  • 滞在中
  • 帰国後

も、パンデミックという非常事態の渦中にあって、スマ留には大変お世話になりました

スマ留を利用した者として、スマ留への悪い口コミの9割は反論できると確信しております。

スマ留の利用を考えているけど悪い口コミが気になる、という人はぜひ最後まで読んでみてください。

▶関連記事:留学エージェント【スマ留】をおすすめできないのはこんな人

目次

【悪評判】Twitter上ではスマ留のコロナ対応への不満が一番多い

  • スマ留 対応悪い
  • スマ留 最悪
  • スマ留 キャンセル

などのキーワードをTwitterで検索すると、たしかにスマ留をボロクソに叩く口コミがヒットします。

見ていただきたいのは、ほとんどが2020年3月中旬の投稿

コロナが日本上陸後、猛威を振るい始めた時期ですね。

かくいう私もまさにこの時期にアイルランドへ留学し、2週間でとんぼ返りをした経験があります。

なので当時の状況、心境はいまでも鮮明に思い出せます。

コロナのせいで留学が台無しになった人たちの心情は察するに余りありますが、パンデミックという未曽有の事態になにが正解だったのか?を確信することは難しいような気もします。

ではスマ留への辛口批評にどんなものがあるか見ていきましょう。

スマ留のコロナ対応への不満の口コミ

スマ留とやら
コロナの対応悪いらしい
姉の子供が、適当な対応をされ
父親が激怒
今日怒鳴り込みにいき話をつけてきたそう

— はんなり (@MciBrjjgki12MHP) March 17, 2020

これは伝聞なので詳細は不明。

適当な対応とは具体的にどんなものだったのか知りたいところですね。

悪い口コミを読むときは、当事者の発信かどうか、具体性があるかどうかを見るべきです。

あ〜〜もし行けなくなったらスマ留は返金してくれんのかな、対応悪いっていう情報しか見かけない、、、スマ留にしなきゃよかった、、

— せっぱ🥞 (@seppa_150cm) March 14, 2020

たぶんほかのどのエージェントでも、あの状況で「全額返金即対応します!」とはならなかったはずです。

ですが、この方の心境はよくわかります。

よそのツイートを見ていると、入国禁止後の対応として無料延期かキャンセル料一割と言われているそうだ。こちらには連絡がないのでとりあえずメールを送っておいた。

しかしスマ留どのも大変だねぇ…こういう非常時に対応ミスるとこの先ずっと言われ続けるし、エゴサでの潰しも先々きついのでは。

— れすと (@rest_motty) March 18, 2020

当時の状況をかんがみると、スマ留、というか現地の語学学校の対応として、「延期」という手段を取らざるを得なかったのではと思います。

私が現地に着いてから語学学校とのやり取りの中で、先生たちが相当混乱をきたしていたのはオンライン上でもよくわかりました。

非常時に対応をミスるとあとあと大変…はもちろんそう。しかし、非常時に完璧な対応を求めること自体ちょっと難しい気はします。

できたらすばらしいですけどね。

【要約】

  • コロナで留学できなくなったが学費100万円のうち30万円返ってこない
  • 1分も留学できていないのになぜ全額返金ではないのか
  • 6年間バイトでためたお金を返してほしい

こちらの方には心から同情します。

私だって10年以上、留学したくてたまらなかったんですよ。ようやくお金と時間を手に入れて、1年前から準備してたんだもの。

気持ちは痛いほどわかります。

ですがやっぱり、全額返金というのはあの状況下では難しかったんだろうと思うのです。

スマ留のコロナ対応は仕方ないと言わざるを得ない

スマ留の悪い口コミがコロナ関係のものであれば、これは仕方なかったと言わざるを得ません。

留学を決めた瞬間から、留学の準備にスマ留のスタッフは動いています。

現地の語学学校スタッフも動いています。

人的コストがすでにかかっているわけです。

パンデミックで留学ができなくなったのは、留学生のせいでもなく、スマ留のせいでもなく、現地スタッフのせいでもありません。

私もほとんど留学生らしいことはなにもできなかったにもかかわらず、全額返してもらえなかったことは残念でした。

しかしスマ留の留学準備のコストを考えたら、50:50で費用の負担があるのは仕方ないと思うのです。

パンデミックでみんな神経質に

恐怖の伝染病が広まりつつあった当時、普通の人だってかなり神経質になっていましたよね。

スマ留のコロナ対応への不満が大爆発したのは、日付を見る限り3月中旬がほとんど。

私の出発日もちょうどその頃だったのでよく覚えていますが、日本中が得体のしれない恐怖に包まれ始めていた時期です。

留学へのやり場のない不安をエージェントにぶつけたくなる気持ちは痛いほどわかります。

でも、

この先どうなるのか?

なんて、利用者はもちろん、エージェントや語学学校でさえ誰にもわかりませんでした。

世界がパンデミックになるなんて誰にも予想できなかったことだし、これは留学生・スマ留・語学学校の誰のせいでもないのです。

あれから2年経ったいまなら、当時怒り狂っていた人たちもわかっているはずですよね。

返金対応をしてくれたスマ留に感謝

私の場合、支払った額の40%相当が返金されました。気持ち的には納得していません。でも仕方なかったとは受け入れてます。

スマ留の担当者によると、

「本来、語学学校は返金対応していないが、(今回は非常事態なので)交渉してみる」

とのこと。

そもそもスマ留の規約では私のケースはキャンセル返金ゼロ円のはずですからね…

誰にも落ち度がないこの状況で、スマ留はできるだけベストを尽くしてくれました。

もし仮ににスマ留が全額返金したくても語学学校の出方に左右されてしまうのです。

その結果の40%の返金。

残念ではありますが…

  • 利用者
  • エージェント
  • 語学学校

の3人で痛み分け

というのがコロナキャンセルの着地点なのではないでしょうか。

戻るはずのないお金が戻ってきただけで良しとしたいところです。

スマ留もコロナキャンセル全額返金制度を開始

パンデミックが始まった1年以上経てば、どのサービス会社でも必然的にコロナ対応は整ってきます。

スマ留もコロナの全額返金制度を開始しました。

(期間限定です)

渡航制限がかかった場合に適応されるようです。

スマ留への問い合わせた結果もありますので、こちらの記事も併せてごらんください。

▶関連記事:スマ留のコロナによる全額返金対応について【キャンセル料はかかる?】

コロナに関係ないスマ留の悪い評判の口コミ

では次に、コロナ以前の悪い評判を見ていきましょう。

「スマ留の留学費用はべつに安くない」について

【要約】

  • 留学費用が従来の半額というのは午後コースだから(スマ留が特別ではない)
  • もらった資料に詳細が書いていない、メールの返信で理解に時間を要する
  • よく調べない人に安いと思いこませている

私はカウンセリングをした際、スタッフさんからスマ留が安い理由について説明を受け、納得しました。

それは、

  • 午後のクラスだと確かに安く、高くなってもよければ午前クラスも選択できる
  • 航空券の手配などは自分で行う、飛行機で言えば「LCC」のような仕組みである
  • 無駄を省いた最低限のパッケージで、他に必要なものはオプションで追加できる

という理由。

ここまで聞いて、

「格安なんてウソじゃん!オプション追加したり午前クラス選んだら高いじゃん!」

ってなります?

私は、「あー、安いってこういう仕組みなのね。なるほどね」と思いました。

だまされたとかは思いませんでしたね。

もらった資料に詳細がないとのことですが、詳細って例えばどんなことでしょうか。

具体的な日程や持ち物のこと?

現地の学校のこと?

海外旅行保険や現地の学校のパンフレットは、申し込んだ後日に郵送されてきました。

スマ留は基本的にメールでのやり取りがメインになります。

電話と違って内容が記録に残るし、メモを取り忘れることもないので便利でしたよ。

私は出発までに必要な書類などすべてちゃんと把握できたので、特に困ったことはありませんでした。

滞在先の環境が悪いことについて

【要約】

  • ホームステイ先が最悪
  • 事前資料の内容が全く事実と違うものだった
  • 担当者に言ったがなにも対応がない

ホームステイ先がハズレだったケースですね。

寮よりも密接にかかわることになると思うので、相性が合わないのは本当につらいと思います。

ただホストファミリーと合う合わないというのはスマ留だけでなく、どのエージェントでも起こりうること。

私が留学前にいろんな国の留学情報を集めていたんですが、

  • 料理がクソまずい
  • ホストファミリーの娘が彼氏とリビングでいちゃついている
  • ホストマザーが過干渉

とか、ゴロゴロありますよ。

ホームステイを選択する時点で、(いや、シェアハウスであっても)同居人との相性は運要素が強いでしょう。

資料の内容がまったく違うというのは、なにがどう違うのか書いてないので検証できません。

まったく違うことで本当に不利益をこうむっているのなら由々しき問題ですが…

私は寮でしたが、日本人留学生(ほとんどが大学生)がたくさんいて、ガッカリした記憶があります。

が、エージェントを通して語学学校専用の寮に入るのなら、このようなことは想定しておくべきでした。

また、私は現地からスマ留の担当者とやり取りをしましたが、時差をかんがみても、スムーズな対応でした。スマ留には定休日があるので、対応がないのはそのせいかもしれません。

思っていたことと違っても、エージェントを責めるのはちょっと違うと思います。(ほかのエージェントならあきらかにもっと良いはず、という確信があるなら別ですが)

クラスのレベルが高すぎる

【要約】

  • 語学学校のクラスのレベルが高くてついていけない
  • 初心者レベルだと事前に伝えてあるのに

語学学校のクラス分けとエージェント(スマ留)に何の関係があるのかわかりません。

入学日にレベルチェックのテストがあるはずです。

先人の留学生たちのブログを調べてみると、皆さんヒィヒィ言いながら授業に食らいついてます。

私もたった2週間でしたが、オンラインでいろんな国籍のクラスメイトと話しました。

毎回、パソコンの前で汗だらだらで、名前を呼ばれただけで心臓が飛び出るほど緊張しました。

話すといってももちろんちゃんと話せるわけじゃなく、

「黙ったらおしまいだ!」

という強迫観念から、やっつけ仕事みたいな感じで無茶苦茶しゃべりました。

矢島ヤナ

アイルランドの場合、なまりが強くて何を言っているのかわからないことも多々ありましたよ

でも、初心者ってそんなもんじゃないんですかね?

少なくとも授業についていけないことと留学エージェントに因果関係があるとは思えません。

スマ留が信用できない

【要約】

  • 強引な営業
  • チェックアウトの日付が間違っている
  • 利用者に圧倒的に不利な条件の契約を迫る

強引な営業、私は特に感じませんでした。

強引かどうかは主観によるところが大きいので、こちらの方はそう感じたんだと思います。

チェックアウトの日付が間違っている件に関しては、これはよくない。

日付や金額のまちがいは信頼関係を崩しかねないので、これは確かによろしくないことです。

また、利用者に圧倒的不利、という件に関しては具体的な内容がないのでわかりません。

糾弾するなら具体的に書いたほうが共感を集めやすいし、スマ留側にも届くと思います。

私は特に「圧倒的不利」なことは感じませんでした。

スマ留の対応についての不満

【要約】

  • 自分で語学学校に申し込みすればよかったなというレベルの対応
  • いまだ留学もできず返金もされるかわからない
  • 語学学校も当初のプランからコロコロ変わっている

こちらの方は口コミ投稿時点でコロナ延期の状態でしょうか。

自分で学校に申し込みすればよかったレベル、とのことなので、もともとそこそこの英語力はあるのかも。

確かに自分で留学の手続きができる方は、そもそもエージェントを通す必要もないでしょう。

また、「語学学校のプランがコロコロ変わる」というのは確かに困りますが、平時であれば起こらないと思います。

「スマ留最悪!」を回避する方法

申し込む前から留学先の情報収集する

行きたい国が決まっていれば、あらかじめ経験者のブログやTwitterなどで情報を収集しておくといいです。

スマ留の情報収集ではなくて、現地生活や語学学校での授業の様子などを調べるんです。

そんなのあたりまえ、と思われるかもしれません。

ですが、事前に現地の生活情報などを調べておけば、「スマ留最悪じゃん!こんなはずじゃなかった」にはならないのです。

先人たちの日記を読む

ブログや各留学情報サイトで、先人たちが、日本では起こらないようなどんな出来事に遭遇してきたかを情報収集しておきましょう。

事前の認識が甘いと、自分の許容範囲を超えることが起こってしまいギャップを感じるのです。

私は渡航先をアイルランドにすると決めていたので、スマ留を申し込む前から(申し込んだ後も)アイルランド留学経験者のブログを読みあさっていました。

そこには

  • 寮(シェアハウス)での生活の問題点
  • 語学学校の英語についていけず、泣きそうになりながら必死に勉強した話
  • 海外生活で直面した日本じゃ起こらないこと

など、生きた情報が豊富に書かれていました。

イギリスやカナダ、オーストラリアなど有名どころなら、情報はもっと大量にあるはずです。

あなた以前の留学生たちがどんな困難に遭遇してきたか、よく読んでおくべきでしょう。

海外生活は日本とちがって当たり前

どんなに準備していても、想定外のことが起こるのは海外生活においては当たり前ではないでしょうか。

私の場合、寮のドアがきしみすぎて開かなくなり、半日くらい閉じ込められたことが何回もありました。

つたない英語のメールで管理人にSOSを送ったことも数回あります。

留学生活で「何事もない」なんてことあるんだろうか?

私が現地で直面した問題も、事前に調べておいた「日本とは違う。なかなか思うようにはいかない」という情報から考えると、ある意味しょうがないことだったんですよね。

そういうハプニングも含めて「日本を出ること=留学」ではないのかと思います。

なので

「こんなはずじゃなかった」

「スマ留で聞いてたのと違う!」

ということがあっても、あらかじめ現地の生の情報を入念に調べておくことで、事前情報と現実のギャップの差が縮まるはずです。

最後にスマ留利用者の共感できる口コミを紹介

最後に私が個人的にも共感できる口コミを紹介します。

散々スマ留のこと不安だなんだ言ったけど、スマ留側から電話が来て、丁寧に対応してくださりました。サロンや担当者によって色んな対応の仕方はあると思うけど、全部が全部悪いわけじゃないことが分かったし少し安心した。

— R (@RI1669622) March 24, 2020

私が対応していただいたヨーロッパセクションのスタッフさんたちは、みなさん誠実で迅速な対応をしてくださっていました。

じつはお恥ずかしながら、私もコロナの不安をスマ留にぶつけてしまった利用者の一人なのです。

(異国の地で、日本より速いスピードで感染者が拡がっていく様を見ていたら、メンタル病みました。ごめんなさい)

だから口コミでスマ留を悪しざまにののしってしまう人の気持ちもわかります。

しかし私の不安に対して、スマ留スタッフのみなさんはていねいな返答をしてくださいました。

いまもなお八つ当たりしてしまった自分を恥ずかしく思います。

留学のタイミングは最悪でしたが、スマ留を選んだことに後悔はありません。

もしあなたがまだ「留学する!」と決めていなくても、カウンセリングで話を聞くだけでも現実とのすり合わせができます。

口コミにはいろいろありますが、あとはあなた次第。

スマ留 に興味があるあなたが、ご自分の目と耳で確かめてみてほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スマ留に興味がある人向けの記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる