【おしらせ】 ただいまサイト改装中につき、レイアウトやリンクが乱れている箇所があります。ご迷惑おかけします。

留学エージェント【スマ留】をおすすめできないのはこんな人

スマ留は格安と聞いたから興味あるけど、きっと安いなりの理由があるよね

海外旅行はパッケージツアーしか行ったことない初心者にはハードル高いのかなぁ?

 

そんな疑問に答えます。

 

結論から言いましょう。

スマ留に向いてるかどうかは、

  • パッケージツアーでしか海外旅行に行ったことない
  • そもそも海外旅行の経験がない

などとはまったくカンケーありません!!

 

スマ留に向いてるのは

自主的な行動ができる人。

 

向いてないのは

おカネを払ってでも面倒なことをやってもらいたい人

です。

 

スマ留に向いてない人

  1. 何をやっていいか調べてるのが面倒な人
  2. 確実な安心をお金で買いたい人
  3. 失敗するのが怖い人

①何をやっていいか調べるのが面倒な人

はじめての留学で最初からなにもかもわかっている人なんていないと思います。

スマ留を利用する場合、航空券の手配や海外旅行保険の加入など、すべて自分でやらないといけない。

 

当然、つぎからつぎへと情報収集を迫られるでしょう。

 

わからないことはなんでもスマ留に聞けばいいんですが、

自分で調べたり自発的な行動をするのが面倒な人

はスマ留には向いていません。

②確実な安心をお金で買いたい人

スマ留では航空券や重要書類には必ず専門スタッフのチェックが入ります。

なので

「買った航空券じゃ目的地に行けなかった!」

とか

「入手した書類が間違っていた!」

などが起こらないとは限りませんが、そのせいで渡航ができないということにはなりません。

 

また、現地に到着後の不安を解消したければ、空港へのお出迎えや現地SIMカードの事前手配などは有料プランであれば利用が可能。

有料サポートでは24時間365日サポートが受けられますが、そうするとスマ留の一番のメリットである「格安」から離れてしまいますよね。

 

確実な安心を買いたい人は最初からスマ留向きではありません。

③失敗するのが怖い人

だれだって失敗するのは怖いですよね。

私だって「航空券はちゃんと取れてるか」「必要書類はそろったか」と不安なことばかりでした。

でもスマ留に問い合わせればすぐ返事も返ってくるし、写真を添付してメールで送ればきちんとチェックしてもらえるので安心できました。

 

失敗で人は成長します。

 

というか、そもそも失敗したくない人は留学に向かないんじゃないかと思うのですが。

 

スマ留に向いてる人

  1. 自分のことは自分でやる/やりたい
  2. ムダなことにお金使いたくない
  3. 新しいことに挑戦するのが好き
  4. 個人手配の海外旅行に慣れている
  5. 失敗することに慣れている

①自分のことは自分でやりたい人

人に頼ることに慣れていない人、自分の責任においていろんなことをやりたいと考えている人に向いてます。

スマ留は最低限のサービス以外すべてオプション制になっているので、

  • 自分でやれそうなところは自分でやり、
  • 助けが必要なところはオプションを利用するなどして、
  • 自分の能力ややりたことにに見合ったプランを決めらるのが特徴。

 

なんでもかんでもやってもらうのが好きじゃない人は特に向いてます。

これが、私がスマ留を社会人留学に推す理由。

②ムダなことにお金を使いたくない人

何をもって「ムダ」とするか、その定義は人によって違いますが…

私は根っからのケチなので、使わなくていいお金は使いたくない、自分でやれば節約できるところは節約したいタイプ。

 

たとえばスマ留の有料オプションで空港から寮までの送迎を頼めますが、グーグルマップと『地球の歩き方』があればひとりで行けます。

砂漠に行くわけじゃなし、現地の人に頼ればいい。

手厚いサービスが含まれているエージェントは、安心を買いたい人が利用すればいいと思う。

③新しいことに挑戦するのが好きな人

海外旅行の経験がなくても新しいことに挑戦するのが好きなひとは、まさにスマ留向き!

 

やることすべてが初めてのことばかりでけっこう大変だと思います。

でも、

はじめてのことって新鮮で、大変でも達成感があって、やりがいがあって楽しい!

 

そう思える人はどんな困難もいい思い出に昇華できる人。

ぜひスマ留で社会人留学していただきたいですね!

④個人手配の旅行経験がある人

一度くらい個人手配で旅行したことある人ならスマ留に何の抵抗もないと思われます。

航空券の手配は難しくはないでしょうし、空港からの移動も経験があればより有利。

有名な都市や首都に行くなら、交通手段が限られてるなんてことはありませんからね。

⑤失敗することに覚悟がある人

ちょっと語弊がありますが、私だって失敗が怖くないかと言えばうそになります。

ただ失敗するとそれ以上に学ぶことが多いので、そういう経験も含めて楽しめる人はスマ留に向いてます。

(まあ困難な状況の時は楽しんでる場合じゃないんですけどね…)

まとめ

以上、「スマ留に向いてる人/向いてない人」ですが、ここはあえて言いたい。

 

どんな大手のエージェントを利用しようと、現地で生活するのはあなた一人。

不安が強くてどうしていいかわからない人はスマ留でオプションをつければ解決することもあります。

(あまりに不安が強い場合は、格安が売りのスマ留じゃなくてもいいと思いますが)

 

行き先や具体的なことはなにも決まってなくていい。

  • 新しいことに挑戦したい
  • 自分のチカラを試したい

そんな人は一度スマ留で無料の面談を受けてみたらいかがでしょうか。

 

いまならオンラインカウンセリングがおすすめです。

 

▼スマ留に向いてるかも!と思ったらオンラインカウンセリングへ▼

最新情報をチェックしよう!