【おしらせ】 ただいまサイト改装中につき、レイアウトやリンクが乱れている箇所があります。ご迷惑おかけします。

失恋して会社休むのはアリかナシか?「アリだよ!!」

前から不穏な空気があったけど、今日ついに彼から別れを告げられてしまった…

もう明日仕事行けない!

行きたくない!!

失恋くらいで仕事休む私って最悪ですよね…?

 

という追いつめられた悩みに答えます。

 

失恋して苦しかったら仕事どころではないのが現実。

そんなことくらいで仕事休んでいいの?

という悩みには、

私自身が失恋で仕事を休んだ張本人なので、

Yes(アリだよ!!)

と答えましょう。

 

ただし気をつけなくちゃいけないこともあります。

本記事はつらい失恋と立ち向かいながらも、社会生活を両立しようと頑張っている人のために書きました。

 

失恋したら仕事休んで全然OK!

でも休んだ理由が「失恋」とバレないようにすること!

対等な恋愛関係を築ければ失恋しても仕事に行ける!

 

 

ちなみに、この記事を読んで今まさにめっちゃ泣いてるという人。

明日は仕事休みましょう。

あさっては行けそうですか?

泣き腫らした目は冷やすと少し治まるようですよ。

 

 

失恋で仕事休むのは全然アリ

理由が失恋だとはバレないように

これ、自分が経験者だったらわかってあげられるので

「振られたんで休みます」

は許してあげたいところなんですよ。

 

ただね、ふつうに考えてそれは万人に受け入れられる理由じゃない

 

変な話、足の引っ張り合いをするような職場だと悪い噂を立てられかねないし、上司からの評価が下がる可能性もあるわけで。

 

なので、

彼氏との別れが理由で会社を休んだことがバレないように

したほうがいいです。

 

徹底的にしらばっくれていればバレるはずありませんが、以下の2点は要注意。

  1. 周りに認知されている社内恋愛の場合
  2. ふだんからプライベートを教え合っている同僚がいる場合

 

社内恋愛の場合

社内恋愛で破局して仕事を休む場合、なんとなく悟られるかもしれませんが、

「いえ、私はほんとに体調不良で休んだんです。彼との別れは関係ありません」

を貫き通せばバレる心配はなし。

 

まあ、こういう面倒な展開になるので社内恋愛自体おすすめできませんが…。

 

ふだんからプライベートを教え合っている同僚がいる場合

人の口に戸は立てられない。

なので、どんなに仲のいい同僚でも話したことは広まると思ったほうがいいです。

特にスキャンダルやゴシップはオンナ社会の格好のネタ。

 

そもそも自分のプライベートを職場で話すのは控えるべきですが、

その同僚に打ち明けることであなたが楽になるなら話してもいい

と思います。

 

社内に不名誉なうわさが広まるリスクをとるなら、同僚には話さないこと。

というか、ふだんから恋人関係の話はしない

聞かれてものらりくらりとかわすべし。

 

次は仕事休まないで済む対等な恋愛をしよう

起き上がれないほどの衝撃、仕事に行けないほどの精神的ダメージというのは、彼との別れがあなたに与えた喪失感がいかに大きいかを物語っています。

 

これがどういうことかと言うと、

あなたがひとりで立てなくなるくらい、彼の存在があなたの大部分を占めてしまっている状態

なんですよね。

 

それの何が問題なの?

って話ですが、

彼なしでは生きていけない

という

依存的な恋愛

におちいっている可能性があるのが問題です。

 

依存的な恋愛にさようなら

私が仕事に行けずに「もう死にたい」と思うほどの失恋をしたときは、

彼に対して

  • 好きで好きでたまらなくて、
  • 友達付き合いもあとまわし、
  • 自分よりすべて彼の都合を最優先し、
  • 傷つくことが多くても「私が悪い」と思い込んでいたくらい

依存的でした。

 

自分のなかで相手の占める割合が大きすぎると、

生活のすべてが彼中心になってしまう→彼が自分の支柱になってしまう
んですね。
だから、別れを告げられると自分で自分を支えられなくなってしまう
 
のめり込んでいる恋愛ほど依存している可能性があるので注意です!

 

対等な恋愛関係を築ければ失恋しても大丈夫

つらいことがあったときに仕事を休むのは全然かまわないと思います。

でも、失恋のたびに仕事に行けないほど大ダメージを受けると、恋愛すること自体がこわくなってしまいますよね。

 

じゃあそんな依存的な恋愛をしないようにするにはどうすればいいか?

 

それは、

恋人と対等の関係を築く

ということ。

 

やり方としては大きく分けて2つあって、

  1. 相手と自分に境界線を引く
  2. NOと言う

こと。

 

相手がなにをしていようとなにを考えていようと、それは彼の領域での問題であり、「私とは関係ないこと」と境界線を引く。

(もちろん困っていて助けを必要としているなら、彼が望む範囲で手を貸してあげること)

 

そして「だが断るw」の意志。これ大事!!

彼からの頼み事であなたの意に反するようなことは断りましょう。

対等な関係ならあなたが断ったくらいじゃ崩れないし、それで壊れるようならもともともろい関係だったのです。

 

私はその後の恋愛関係で対等な関係を築けたおかげで、恋愛も楽しめたし、その彼との別れのときにも仕事は休みませんでした。

もちろんたくさん泣いたし食欲もなくなったけど。

関係性によってこれほどまでに違うのかと驚きましたね。

 

まとめ

私も経験者なので失恋で仕事を休むのは全然アリだと思うし、そのせいで自分を責めることはしないでほしい。

 

こりゃアカン。こりゃ今日仕事行かれん。

 

と状況を受け入れて、ひとり思いっきり泣く。

もちろんいつまでもそうしているわけにはいかないので、多少なりとも胃に栄養を流し込み、つらい気持ちを友人やSNSに吐き出し、いつかは起き上がらなければいけません。

 

悲しみも必ず終わりがやってくる。

経験者である私が断言します。

 

そして次の恋愛こそは、程よい距離を保った対等で楽しい恋愛をしてほしい。

心からそう願います!

 

関連記事

私は以前、大失恋をして「もう再起不能になるんじゃないか」となるほどどん底にいたことがあります。 救いを求めてネットをの海をさまよっていると、 「自分を磨こう!」 とか、 「趣味に打ち込もう!」 とか書いてあって、 体もしびれて動[…]

 

最新情報をチェックしよう!